PEOPLE

インターン学生 インタビュー

 

 

SMSデータテックでは、毎年大学生のインターンを受け入れている。就職活動中の学生向けの1DAYインターンから、長期のインターンまでプログラムも様々用意されており、現在も、多くのインターンが活躍している。今回、人事部所属、開発部所属のインターン生へのインタビューを実施した。

 

〜人事部所属インターン編〜


 
Bくん:法政大学経済学部に在籍。SMSデータテックの人事部にて新卒採用に関する業務に従事。現在、就活生向けのワンデーインターンシップの企画や、就活セミナーにおけるプレゼンテーション、学生向け電話対応などの業務を行っている。
 

― まずはじめに当社でのインターンを決めたきっかけは?

Bくん:「就活をはじめるにあたり、自分に向いている職業で悩んでました。とりあえず合同説明会に数多く行っていたところ、おもしろそうなインターン企画をやっている会社があるな(笑)と思って、後日詳しく話を聞かせてもらいました。」


― 実際に話を聞いてみてどう思った?

Bくん:「本業メインのインターン募集が多々ありますよね。例えば製造業の事業企画インターンとか、人材業界の営業補助インターンとか。」


― 企業側としてはインターン制度を就職活動の仕組みの一環として、事業内容を理解してもらうために実施するところが多いからね。

Bくん:「そうなんですよ。IT企業なのに人事の新卒採用インターンって何?と思いました。でも、お話を伺って、学生の就職活動を「楽」にさせてあげるために、採用の裏側を教えて頂けると聞いて、このインターンは自身の就活にも相当役立つはずと思い応募させて頂きました。」


― 当社の基本的価値観の「傍楽(はたらく)」を聞いたんだね。

Bくん:「後からうかがって解りました。」


― 実際にインターンとしてどんな業務をしてるの??

Bくん:「新卒採用活動の色々なフェーズに携っていますが、学生を集めるところから、会社説明会の開催のお手伝いがメインの仕事です。文字にするとすごくシンプルですが、実際は学生を集める方法の企画とかもあるので、色々なアイデアを実行するまでに、結構な時間がかかってます。」


― 実際にインターンをやってみてどう?良かったこととかあります?

Bくん:「業務のとこでも少し話しましたが、就活の裏側がわかって自身の就活にも大いにプラスになってます!他には、例えばプレゼン能力とか、自分で理解していたつもりでも相手にそれを分かり易く伝える事がどれほど難しかを実感しました。」


― 企業側としてはインターン制度を就職活動の仕組みの一環として、事業内容を理解してもらうために実施するところが多いからね。

Bくん:「そうなんですよ。IT企業なのに人事の新卒採用インターンって何?と思いました。でも、お話を伺って、学生の就職活動を「楽」にさせてあげるために、採用の裏側を教えて頂けると聞いて、このインターンは自身の就活にも相当役立つはずと思い応募させて頂きました。」


― 学生側から観ていた世界と逆の立場が判るからね。

Bくん:「生意気ですけどこれまで何となく参加していた他社の説明会でも実施までにたくさんの労力がかかっている事がわかったので、以前より真剣に聞くようになりました(笑)                                             企業側が求めているものと、学生側が感じているギャップもなんとなくわかって本当に役立ってます。」


― 就職活動のヒントを得てもらって嬉しいです。自身の就活も頑張って下さい!

Bくん:「ありがとうございます!」



~事業開発インターン編~


 
Cくん:東京工業大学修士に在籍。就活イベントにてSMSデータテックの人事担当と出会い、事業開発のインターンシップの存在を知る。同級生のKくんも誘って面接に応募し、二人そろって参画することになる。現在、新規事業の立案業務を行っている。
 

― どうやって当社のインターンを知ったの?

Cくん:「いわゆる就活カフェで、SMSデータテックの人事の方から、新規事業のインターンを提案して頂いたことが直接のきっかけです。」


― 事業開発室で行っている人工知能などに元々興味があったの?

Cくん:「はい。それにかなり近い思いは持っていました。というのも、自分はあらゆる作業を効率化したくて、もっとクリエイティブな事に時間を割きたいという思いがありました。例えばバイトのシフト決めを自動的にやってくれるツールとかを作っていました。」


― インターンを始める前から便利なツールを作っていたんだね。

Cくん:「このツールをSMSデータテックの社員の方に査定して頂いたり、もっとこうした方が良いんじゃないかなどの貴重なアドバイスを頂いてもいます。」


― 実際のインターンではどんな業務をしてるの?

Cくん:「新規事業の計画や立案が主な仕事です。その中で、人工知能のプログラミング言語を学んだり、ビッグデータの解析などにも携わっています。」


― このインターンで、今後に役に立つな~と思ったことはある?

Cくん:「市場調査の仕方や事業計画の仕方がとても勉強になります。ITを活用した最先端の技術を効率的に探す方法を知った時は驚きました。」


― 新規事業を考える上で大切だと思っていることがありましたら教えて下さい。

Cくん:「「こんなサービスがあったら面白いんじゃないか」とか「アイディアは身近なところにある」という意識を常に持ち、それをチームでアウトプットしていくことだと思っています。初めから資金面等を気にしてしまうと、事業のスケールはどんどん小さなものになっていくと思います。」


― その意識を持つことは素晴らしいですね。"若い人たちだからこそ"出てくるアイディアもあるでしょうしね。

Cくん:「若い世代に着目したアイディアを出すことは得意かもしれません。もちろん、良いアイディアを出せるだけでは半人前なので、今後は、職場の先輩に教わりながらシステムの中身や機能についても勉強していきたいですね。」


― 頼もしいですね。大いに学んで成長していってほしいです。

Cくん:「ありがとうございます!頑張っていきます。」