運用管理効率化ソリューション

仮想化技術、クラウドの普及、データセンターの複雑化により、システム環境が大規模化、複雑化する傾向は一層加速しています。それに伴い、システムに問題が発生する原因はあちこちに散在することになり、人海戦術で管理するのは限界に近くなっています。こうした状況を受けて、いま注目を集めているのが従来の「運用管理者視点」での運用管理ではなく、「ユーザ視点」での運用管理による運用管理効率化です。

こんな課題を解決します

仮想化に伴う課題

  • アプリケーション-仮想-物理の関係が見えない
  • VMの動きがアプリケーションに与えるインパクトが見えない
  • 仮想化環境に移行するとアプリケーションの動きが遅くなった
  • 問題が発生すると仮想化環境が最初に疑われるが、明確な原因がわからない
  • 仮想化移行の際のキャパシティ設計に必要なベースラインがわからない
  • パフォーマンスの全体像がわからない
  • パフォーマンスを維持しつつ、ゲストOSを何台まで増やせるかがわからない
  • 仮想化環境への移行に伴い、管理ツールがどんどん増えている

クラウド化に伴う課題

  • 既存のリソース監視ツールではパフォーマンス問題を解決できない
  • ユーザからみたアプリケーションの全体像が見えない
  • 遅延箇所の一次切り分けに時間がかかる(Client/Network/Server、Web/AP/DB)
  • パフォーマンス測定用のPC配置や、サーバへのAgent導入のコストがかかる
  • システムが増える度に、管理ツールがどんどん増えている
  • お客様や経営層に理解してもらえるレポーティングがない
  • トラブルシューティングの方法が属人的で一貫性がない
  • モバイル、海外展開、仮想化、クラウドなど新しい要求・技術に対応したい

重点管理分野の移行(インフラからサービス)に伴う課題

  • ユーザが実際に受けているサービスレベルがわからない
  • リアクティブなインシデント管理のアプローチがない
  • パフォーマンスと可用性のSLAを保証できていない
  • パフォーマンス問題への対処時、解決担当の「たらい回し」になっている
  • パフォーマンス問題の解決に伴う、ネットワークやサーバへの投資額が大きい
  • インシデントのビジネスインパクトが見えない

お問い合わせ・資料請求

このソリューションに関するご相談・ご質問はこちらまで。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
03-6222-0831 受付時間:月〜金 9:00〜17:00まで
※祝祭日を除く

ソリューション概要

なぜ、「ユーザ視点」での運用管理なのか

従来の「運用管理者視点」での運用管理では、アプリケーション、サーバ、データベース、ネットワークなど、各システムの構成要素を、それぞれ監視することで、システムの安定稼働を図っていました。

しかし、

70%の問題はユーザにより発見される —Forrester Research調べ-

という事実があるように、各システムの構成要素が安定稼働していても、ユーザに指摘されてはじめて問題が判明することが多くあるのではないでしょうか。

ユーザやシステムオーナーにとっては、業務やサービスが安定利用できることが重要であるにも関わらず、運用管理者にとってはどうしても落ちたサーバが気になり、そちらのメンテを優先的に取り組んでいることが多くあります。ユーザやシステムオーナーにとっては、サーバが1台2台落ちていても、あまり関係ないことが多いにも関わらずである。

そのため、ユーザが快適に使えているかという「ユーザ視点」での運用管理が重要になります。ユーザがどのくらい困っているのかという視点を持って運用管理をすると、問題の原因にたどりつく可能性が速くなります。また、70%の問題はユーザにより発見されることから、ユーザ視点での運用管理によって、問題発生を未然に防止することができれば、問題解決のための工数を大幅削減することができます。

今後は、クラウドが一層普及することが見込まれており、それに伴って重点管理分野がインフラからサービスに移行するため、ますます「ユーザ視点」での運用管理は重要になるでしょう。

どうすれば「ユーザ視点」での運用管理ができるのか

しかし、運用管理担当者にとっては、各システムの構成要素の運用管理に手一杯で「誰がどう困っているか」までは頭が回らないのではないでしょうか。また、頭が回ったとしても、どうすれば「ユーザ視点」での運用管理ができるのかわからず、困っている運用管理担当者も多いのではないでしょうか。

そのような運用管理担当者の皆様にお勧めしたいのが、ユーザ視点で業務やサービスを支える全システム構成要素を一貫して監視できる

APM(アプリケーション・パフォーマンス・マネジメント)

です。

つまり、APMを用いることで、アプリケーションを安定的に利用できるようになり、結果として、業務やサービスを安定的に提供することが可能になります。

そうしたシステムの本来の目的である「ユーザが安定的にサービスを利用したり、業務を遂行することができる」ようにするのがAPMの概念であり、この点が従来の「運用管理者視点」での運用管理との大きな違いとなります。

今後は、仮想化技術、クラウドの普及、データセンターの複雑化により、システム環境が大規模化、複雑化することが見込まれています。そのため、従来の「運用管理者視点」での運用管理ではなく、「ユーザ視点」での運用管理ができるAPMはより一層重要になると同時に、仮想化/クラウド時代の運用管理効率化の近道となるはずでしょう。
dc_performance_btn01.jpg

お問い合わせ・資料請求

このソリューションに関するご相談・ご質問はこちらまで。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
03-6222-0831 受付時間:月〜金 9:00〜17:00まで
※祝祭日を除く

導入までの流れ

"単なるソリューションではなく、真のソリューションを提供します”をモットーにしているSMSデータテックは、まずは、ICT運用プロフェッショナルたちが、単なる理論ではなく、豊富な実体験、実績に基づいて、お客様が抱える真の課題を把握します。そして、真の課題を把握したうえで、課題解決につながる真のソリューションをお客様に最適なカタチで提供します。
dc_performance_btn01.jpg

お問い合わせ・資料請求

このソリューションに関するご相談・ご質問はこちらまで。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
03-6222-0831 受付時間:月〜金 9:00〜17:00まで
※祝祭日を除く

関連する製品・サービス



  • dynaTrace | Compuware APM
  • dynaTraceは、ビジネスクリティカルなアプリケーションの監視・管理・最適化の方法を一新する製品です。全てのトランザクションをモニターし、該当するコード行にまで切り分けてパフォーマンス問題を解決できるため、高いユーザー体感を実現し、ビジネス上の成果を最大限に高めます。


  • Compuware Gomez SaaS | Compuware APM
  • Gartner社の調査によって、APMベンダの中でトップに選ばれたCompuware社。全世界で多くあるAPM(アプリケーション・パフォーマンス・マネジメント)製品の中から、なぜ、Compuware APMが選ばれるのか、それには明確な理由があります。


  • JENNIFER
  • JENNIFER は Webシステム基盤のIT リソースに対するアプリケーション性能管理 (APM) ソリューションです。従来のシステム管理ソフトウェアとは異なり、アプリケーション内部のサービストランザクションをモニタリングするため、性能障害診断分野で効果的なソリューションです。


  • OnCodeAnalyzer
  • OnCodeAnalyzerは、コンピュータ言語で作成されたソースコードを解析し、プログラム構造及び影響分析情報を多様な形態のViewで提供する分析ツールです。ソースコードの分析結果をリポジトリDBとして格納しておくことで、個人PC上のViewerからさまざまな角度でプログラム構造及び影響分析を確認することができます。


  • SDTサービスマネージャ
  • 品質改善、コスト削減、サービスレベル向上など運用管理に関する様々な問題を解決するITIL志向の運用管理ソフトウェア。SMSデータテックの運用ナレッジが凝縮された自社開発ツールです。

お問い合わせ・資料請求

このソリューションに関するご相談・ご質問はこちらまで。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
03-6222-0831 受付時間:月〜金 9:00〜17:00まで
※祝祭日を除く

関連する製品・サービス



  • dynaTrace | Compuware APM
  • dynaTraceは、ビジネスクリティカルなアプリケーションの監視・管理・最適化の方法を一新する製品です。全てのトランザクションをモニターし、該当するコード行にまで切り分けてパフォーマンス問題を解決できるため、高いユーザー体感を実現し、ビジネス上の成果を最大限に高めます。





  • Compuware Gomez SaaS | Compuware APM
  • Gartner社の調査によって、APMベンダの中でトップに選ばれたCompuware社。全世界で多くあるAPM(アプリケーション・パフォーマンス・マネジメント)製品の中から、なぜ、Compuware APMが選ばれるのか、それには明確な理由があります。





  • JENNIFER
  • JENNIFER は Webシステム基盤のIT リソースに対するアプリケーション性能管理 (APM) ソリューションです。従来のシステム管理ソフトウェアとは異なり、アプリケーション内部のサービストランザクションをモニタリングするため、性能障害診断分野で効果的なソリューションです。





  • OnCodeAnalyzer
  • OnCodeAnalyzerは、コンピュータ言語で作成されたソースコードを解析し、プログラム構造及び影響分析情報を多様な形態のViewで提供する分析ツールです。ソースコードの分析結果をリポジトリDBとして格納しておくことで、個人PC上のViewerからさまざまな角度でプログラム構造及び影響分析を確認することができます。





  • SDTサービスマネージャ
  • 品質改善、コスト削減、サービスレベル向上など運用管理に関する様々な問題を解決するITIL志向の運用管理ソフトウェア。SMSデータテックの運用ナレッジが凝縮された自社開発ツールです。
ページの先頭へ