日本におけるRed Hat Ansible Acceleration Partnerプログラムに参加

株式会社エス・エム・エス・データテック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松原哲朗、略称:SDT)は、レッドハット株式会社(英語表記:Red Hat K.K.、 代表取締役社長:岡 玄樹、本社:東京都渋谷区、以下:Red Hat社)のAnsilble Acceleration Partnerプログラムへの参加を発表しました。

株式会社エス・エム・エス・データテック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松原哲朗、略称:SDT)は、レッドハット株式会社(英語表記:Red Hat K.K.、 代表取締役社長:岡 玄樹、本社:東京都渋谷区、以下:Red Hat社)のAnsilble Acceleration Partnerプログラムへの参加を発表しました。

Red Hat Asible Automation Platformは、組織全体で自動化を構築し、運用するための基盤です。

SDTでは、業務やシステム運用でのITに関するお困りごとを自動化で解決するソリューションを豊富に取り揃え、自動化コンサルティングからエンジニアリング、運用・保守までの幅広い領域でサポートしております。Red Hat Ansible Acceleration Partnerプログラムは、販売、エンジニアリング、デリバリーを通じて、その地域のソリューションプロバイダーを認定するものです。今回のコラボレーションにより、システム運用に関する課題をお持ちの企業様に、従来よりも充実したご提案ができるようになりました。

今後もSDTはRed Hatと連携し、お客様のシステム運用自動化、デジタル・トランスフォーメーション推進に貢献してまいります。

 

■エス・エム・エス・データテックのRed Hat Ansible Automation Platformについて

https://www.sms-datatech.co.jp/services/ansible-automation/

■Red Hat Ansible Acceleration Partnerプログラム掲載ページ

https://www.redhat.com/ja/explore/aap/joint-solution

 

**Red HatおよびAnsibleは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。