HOMEケーススタディセキュリティパッチ適用作業を自動化したい

システム運用系 品質向上 稼働削減 SDT×Kompira

セキュリティパッチ適用作業を自動化したい

Windowsセキュリティパッチ適用作業の自動化で、作業時間と人的ミスの削減を行います。

お悩み内容

運用業務において、87台のサーバに対してWindowsセキュリティパッチ適用作業を毎月実施している。
パッチ適用作業は、セキュリティパッチのダウンロードおよび適用、作業証跡(キャプチャー画像)の取得まで、サーバ毎に同じ手順を繰り返し行っているが、サーバ台数も多く、稼働が掛かり大変である。
また、作業工程も沢山あり、作業者の人的ミスを誘発しやすい状況となっている。
ルーチンワークの稼働削減と人的ミスの防止を実現したい。


\解決ソリューション/

SDT×Kompira

運用自動化ツール「SDT×Kompira」の導入で、パッチ適用作業・作業証跡取得を自動化。
さらに、作業前後の関係部署へのメール報告や作業報告書作成も自動で実施。
パッチ適用作業に関わる一連の業務を自動化。

自動化により人的にミスの防止とともに、作業時間を大幅に削減!
自動化前 192時間/月  ⇒ 自動化後 8時間/月※184時間/月の削減!

SDT×Kompiraが下記の作業フローを全て代行!

  • 指定した日時に自動でパッチをダウンロードし、各サーバへ自動で適用
  • 作業証跡(ログファイル)を自動で取得し、所定のフォルダへ格納
  • 業務開始前・完了後の報告メールを自動で実施する
  • 各サーバのパッチ適用状況と纏めた作業報告書(レポート)を自動で作成
  • 異常発生時は、ログを添付し、オペレータに通知


想定モジュール

SDT×Kompiraでは、豊富なモジュールの中から必要なものを組み合わせることにより、お客様の課題に最適化した独自の自動化フローを作成できます。詳しくはこちら


  • ログ取得
  • サーバ起動/停止
  • 業務プロセス起動/停止
  • 対応種別判別
  • エスカレーション対応
  • メール報告

自動化のお悩み、何でもご相談ください