HOMEケーススタディ日次ジョブ監視作業の作業漏れを防ぎたい

システム運用系 品質向上 コスト削減 SDT×Kompira

日次ジョブ監視作業の作業漏れを防ぎたい

決められた時間にジョブの監視結果を確認・記録し、オペレータに通知します。

お悩み内容

システム運用の現場において、日次でジョブ監視を行っており、定期的に実行結果を確認し、結果を記録している。
ジョブ数が多く、確認作業に稼働が取られ、障害発生時には対応を優先してしまうため、確認作業の漏れ等も発生してしまっている。


\解決ソリューション/

SDT×Kompira

SDT×Kompiraの導入で、監視ツールと連携し、ジョブの監視作業を自動化!
さらに、確認結果を管理簿へ転記することで、オペレータの稼働は大幅に削減され、作業漏れもなくなり、運用品質の向上を実現する。

SDT×Kompiraが下記の作業フローを全て代行!

  • 各監視ツールと連携し、ジョブの実行結果を取得
  • 確認結果を管理簿へ自動転記
  • オペレータへ確認結果を通知する(正常の場合、確認結果を通知しない設定にすることも可能)


想定モジュール

SDT×Kompiraでは、豊富なモジュールの中から必要なものを組み合わせることにより、お客様の課題に最適化した独自の自動化フローを作成できます。詳しくはこちら


  • ジョブ監視
  • ジョブ種別判別
  • ジョブ内容判別
  • エスカレーション対応
  • データベース登録
  • メール報告
  • WEB報告

自動化のお悩み、何でもご相談ください