HOMEケーススタディ電話連絡業務の負担を減らしたい

システム運用系 稼働削減 コスト削減 SDT×Kompira

電話連絡業務の負担を減らしたい

仮想オペレータ導入で電話連絡(エスカレーション)業務を自動化!

お悩み内容

データセンターでは、多数のお客様システムを24時間365日の体制で運用している。
アラートが発生した際に、オペレータはアラートの種類に応じて担当部署へ電話連絡を行っているが、アラート内容を電話で読み上げ報告しており、伝達漏れやミスが発生しやすい。また、連絡順位に沿って、担当者へ繋がるまで電話しなければならず、負荷が大きい。


\解決ソリューション/

SDT×Kompira

SDT×Kompiraの導入で、監視アラートに対する電話連絡(エスカレーション)を全て自動実行!
電話のナビダイヤル機能により、遠隔での暫定対応が可能となり、運用品質の向上も実現する。

SDT×Kompiraが下記の作業フローを全て代行!

  • 監視アラートを受信し、アラートに対するエスカレーション先を切り分け
  • 定められたエスカレーションフローに従い、システムが自動電話連絡
  • 電話を受けたシステム担当者が、電話のナビダイヤル機能によるボタン操作で、障害対応を遠隔実施(サーバ再起動等)


想定モジュール

SDT×Kompiraでは、豊富なモジュールの中から必要なものを組み合わせることにより、お客様の課題に最適化した独自の自動化フローを作成できます。詳しくはこちら


  • メール受信
  • SNMPトラップ受信
  • 対応要否判別
  • 対応種別判別
  • エスカレーション対応
  • データベース登録
  • メール報告
  • 電話報告

自動化のお悩み、何でもご相談ください