KADOKAWA機密情報(1.5TB)がダークウェブに漏洩~被害状況から対策まで~

ITセキュリティ
#セキュリティ
KADOKAWA機密情報(1.5TB)がダークウェブに漏洩~被害状況から対策まで~

こんにちは!ワニたんです。

最近は情報漏洩関連のニュースが絶えなくて毎日ソワソワしているワニたんです。
今回もまた気になる情報漏洩ニュースが…。
「KADOKAWAの1.5TBのユーザー情報がダークウェブ上に流出」
漏洩していた情報は以下の通りです。

  • 社員情報(クレジットカードや免許証など)
  • 機密情報
  • 契約書PDF
  • ETCの利用IC名
  • 財務記録
  • Excel等のOfficeファイル
  • 社内の社員同士のやりとり
  • 情報セキュリティに関する個人情報取り扱いマニュアル

さらには、株式会社ドワンゴのCOOの栗田穣崇さんは4億7千万円相当のビットコインを、取締役会の承認なしでハッカー側に送金してしまったそう。現在はハッカー側からさらに13億円の追加のお金を要求されている状況だとか…(”_”)

新規CTA

情報漏洩の原因は?

ニコニコ動画を提供するKADOKAWAグループへのサイバー攻撃は2024年6月8日から一斉にメディアで報じられていますが、現在(2024年6月28日)もまだ解決していないそう…。
情報漏洩、サイバー攻撃の原因、具体的な侵入経路は明らかになっていないのですが、KADOKAWAグループのプライベートクラウドシステムがランサムウェアによって感染したと考えられています。

あなたの個人情報は大丈夫?

…とはいっても、今までサイバー攻撃の被害を受けたことないし…!きっと大丈夫!
と思っているそこのあなた…!
「いつ」「どのような手法で」「どんな情報が」漏洩してもおかしくない世の中になっています。次のターゲットはあなたの企業かもしれないのです。
では、まず何からすればいいでしょうか…?
まずは自社の情報が既に漏洩していないか調べてみませんか?

特許出願中の技術を使った「ダークウェブアイ」を使えば簡単に自社の漏洩状況がわかります。

⇒メールアドレスを入れるだけ!自社の漏洩状況をチェック!

新規CTA

ワニたんが使ってみた実際の画面がこんな感じです!

  • 漏洩した社員のメールアドレス
  • 漏洩したサービス
  • 漏洩した数
  • 漏洩に対する対応状況

が一つのダッシュボードで確認できます✨

今なら無料で、過去から現在までのすべての会社の漏洩状況を確認できるのでぜひ一度試してみてください!
継続的にダークウェブアイを使いたいお客様はぜひお問合せください!
⇒まずは無料で漏洩状況を確認

まずはお気軽にご相談ください
お問い合わせフォーム

おすすめイベント・セミナー 一覧へ