ゼロトラストとは?実現するポイントやゼロトラストが広まった背景も解説!

ITセキュリティ
#セキュリティ
ゼロトラストとは?実現するポイントやゼロトラストが広まった背景も解説!

「ゼロトラスト」は、コンピュータ―システムのセキュリティに関する専門用語です。インターネット技術が発展して需要が高まったことは、情報漏洩やウイルス感染のリスクが増加したことも意味します。コンピュータ―システムのセキュリティは、企業にとって必須の課題です。
今回は、「ゼロトラスト」という言葉の解説や、広まった背景を紹介します。ゼロトラストを実現するおすすめのツールも紹介しますので、ITセキュリティに関わっている部署の方や、経営者の方は参考にしてください。

ゼロトラストとは

「ゼロトラスト」とは、「信頼(トラスト)をしない(ゼロ)」ことを前提としてセキュリティをおこなうことです。会社が保存している機密情報や重要なデータは、社内や社外を問わずあらゆる方向からアクセスが可能です。そのため、常に情報漏洩やマルウェア感染のリスクにさらされています。会社が保存している情報にアクセスするすべての相手を信用することなく、安全性を検証するセキュリティをおこなうことがゼロトラストの考え方です。

新規CTA

ゼロトラストモデルが広まった背景

ゼロトラストモデルが広まった背景には、社外のシステムに対するセキュリティだけでは情報漏洩やマルウェア感染のリスクを防げない現実があるからです。社外からのアクセスに対するセキュリティだけでは、不十分になった主な理由としては以下の3点が挙げられます。

  • クラウドサービスの普及
  • テレワーク人材の増加
  • 内部で働く人材の不正

ゼロトラストの考え方が広まる前は、社内のシステムと社外のシステムの間に境界を設けて、社外システムに対するセキュリティを重視していました。しかし、このセキュリティ方法では、社内の機密情報の漏洩やマルウェア感染のリスクを避けることが難しくなりました。クラウドシステムが広まる中で、「社内」と「社外」の境界自体もあいまいになっています。境界があいまいになっている以上、セキュリティを会社の社内と社外とに分けておこなうことはできません。
ゼロトラストでは、「社内」「社外」という考え方を変更して、情報にアクセスするすべてに対してセキュリティをおこなうようになりました。

ゼロトラストの仕組み

ゼロトラストの仕組みは、社内ネットワークと社外ネットワーク問わず両方からのトラフィックに対して検査を実行します。安全ではないと判定された相手に対しては、すべてサーバーや情報にアクセスすることができなくなります。具体的には、ある個人が社内のサーバーや情報にアクセスする際には、毎回セキュリティチェックをしてからアクセスの許可を待つことになります。

ゼロトラストネットワークを実現するポイント3選

ゼロトラストネットワークを実現させる場合には、主に3つの点を抑える必要があります。ここからは、ゼロトラストネットワークを実現するためのポイント3選を解説します。

ゼロトラストネットワーク実現の7要素を確認

ゼロトラストネットワークを実現するためには、7つの要素を確認しなければいけません。7つの要素とは以下の通りです。

  • デバイス
  • ネットワーク
  • データ
  • アイデンティティ
  • ワークロード
  • 可視化と分析
  • 自動化

デバイス

デバイスが社内で管理されている端末か、安全な状況なのか検証しなければいけません。アクセスするユーザーが社内の人間でも、デバイスがマルウェアに感染されている可能性はあります。したがって、デバイスに対しても信頼をせず、安全確認をすべきです。

ネットワーク

ネットワークへの安全確認は必須です。社内のデータや情報にアクセスするネットワークが、情報漏洩の原因やウイルス感染の原因になる可能性もあります。ネットワーク自体もセキュリティに問題がないか確認しなければいけません。

新規CTA

データ

データの管理も、ゼロトラストネットワークを実現する上で大事な要素です。社内の機密情報を整理して、利用やアクセスするユーザーの制御がきちんとできるのか検証しなければいけません。社内のデータや情報を再確認と管理をしてください。

アイデンティティ

社内のデータや情報にアクセスする際の、ログインIDやパスワードを期間ごとに変えることも必要です。また、データにアクセスすることができるアイデンティティを最小限にすることも大事です。一度アクセスできたユーザーでも、再度アクセスする場合には認証をおこなう方がよいでしょう。

ワークロード

すべてのシステムを監視することで、リスクの発生を予測することも必要です。社内用の個人コンピューターへのアプリケーションの利用状況を可視化して、リスクの発生を監視します。ゼロトラストネットワークでは、個人のコンピューターの使用状況も監視しなければいけません。

可視化と分析

アクセスの度に分析をおこなうことは、ゼロトラストネットワークを実現するための要素です。デバイス、ネットワーク、個人のパソコンやモバイルのアプリケーションのセキュリティ状態を可視化させて分析することも必要です。社内のデータや情報へのアクセスをする際には、それらを再度アクセスさせてよいか判断するために分析をします。

自動化

ゼロトラストネットワークを実現するためにも、セキュリティの自動化は必須です。ここまで、ゼロトラストを実現させるための要素を説明してきましたが、人間によってすべての要素を構築するのは不可能です。セキュリティの体制を自動化することで、ゼロトラストネットワークを構築可能になります。

IDの管理を強化する

ネットワークにアクセスするIDの管理を強化することは、ゼロトラストネットワークを実現するポイントです。これまでのセキュリティでは、IDとパスワードの認証をすることによってアクセスの許可を出していました。しかし、IDとパスワードは盗み取ることも可能なため、リスク管理として充分ではありません。アクセスしているエリアやデバイス、利用者などもトータルで管理しなければいけません。

行動履歴の精査をしやすい環境作り

ゼロトラストネットワークを実現するためには、ユーザーの行動履歴を追跡できる環境を整備することもポイントの一つです。アクセスしているユーザーの行動履歴も、セキュリティをおこなう点で重要な要素です。ユーザーに怪しい行動がないか、きちんと履歴を追跡できる環境を作っておけばリスクを事前に認知することが可能です。

ゼロトラスト実現のためのおすすめのツール6選

ゼロトラスト実現のためには、専門特化したツールを使用するとよいでしょう。ここからは、おすすめのツールを6つ選択して紹介します。

GMOトラスト・ログイン GMOグローバルサイン株式会社

GMOトラスト・ログインは、IDの管理に強みがあるツールです。無料で使用することができるプランも用意されているので、試用することも可能です。有料プランなら、他のクラウドサービスとの連携も可能ですし、認証強化もできます。

LANSCOPEサイバープロテクション エムオーテックス株式会社

LANSCOPEサイバープロテクションは、政府機関や大手の金融機関でも使用されている評価の高いツールです。ウイルス感染へのセキュリティに強みがあります。AIアンチウイルス搭載のサービスと連携も可能で、セキュリティ機能を強化することも可能です。

Netskope SMSDataTech

Netskopeは、SMSDataTechが提供しているサービスです。会社のコンピューターにアクセスするユーザーごとに、クラウドサービスの利用状況を可視化します。そのため、テレワークをしている会社でも、セキュリティを向上させることができます。クラウドサービスのデータベース化と安全性の評価も随時おこなっているので、安全性も管理できます。

Keyspider 株式会社アクシオ

Keyspiderは、独自のセキュリティポリシーに基づいてアクセスや使用の権限を付与する機能を搭載しています。そのため、会社内のID管理を強化することができます。権限付与の範囲を限定することができますので、日程による権限の付与や、部署ごとに権限を付与することも可能です。

Cisco ゼロトラストセキュリティ シスコシステムズ合同会社

Cisco ゼロトラストセキュリティは、セキュリティの強化だけではなく生産性の向上も目指しているツールです。攻撃対象となる領域を絞って少なくしています。そのため、不正なアクセスを拒否するだけではなく、社内のコンピューターの負担も軽減させています。

moconavi 株式会社レコモット

moconaviは、受信したメールやファイルを無害化させます。ファイルに仕込まれているマルウェアにも対応しているので、リスクを軽減できます。会社が支給しているデバイスも個人デバイス両方に対応しているので、テレワークをおこなっている会社にもおすすめです。

まとめ

ゼロトラストは、会社の内部と外部の境界を排除してすべてのアクセス者に対してセキュリティを強化することです。テレワークの広がりやクラウドシステムの発展によって、会社内のシステムや情報のセキュリティは難易度が高まりました。さらに、悪意のあるハッカーの手口は、年々巧妙になっています。すべてのアクセスに対してセキュリティを強化するためには、専門のツールやサービスを導入すべきです。
SMS DataTechでは、クラウドセキュリティに適した「Netskope」とトータルセキュリティ対策サービスも提供しています。ゼロトラストの実現と企業のセキュリティを強化したい方は、SMS DataTechにご相談ください。

Click me

おすすめイベント・セミナー 一覧へ