RPAコンサルティング

ロボットを活用したルーティン業務の自動化でシステム部門の「働き方改革」を実現



 
RPA(Robotic Process Automation)を用いた業務改善コンサルティングによって、システム運用部門における業務の効率化をサポートします。ルーティン業務をロボットに置き換えることで、より生産性の高い仕事に人員を配置することが可能になります。


広がるRPA

現在、ホワイトカラーの生産性を高める手段として、RPA(Robotic Process Automation)の導入が、間接部門またシステム運用部門で広がっています。RPAでは、ソフトウェアロボットが人間がパソコン上などで行う業務の処理手順を学習し、データ収集や入力処理といったルーチンワークを自動化することで業務の効率化が実現します。人間の行う作業を、ロボットは人間の何倍ものスピードで、エラーなく、そして休むことなく代行することが出来るため、作業者はより人間にしかできない生産性の高い仕事に集中することが可能になります。

企業経営において、「人手不足」と「働き方改革」が課題となっている現在において、その両方を解消するための手段として、RPAは注目を集めており、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がRPAに置き換わると推測もされています。

RPAによる業務改革は、個別の改善に留まらず、会社全体の業務を将来にわたり長いスパンで考え導入計画を立てることが重要です。近い将来のAIによる業務改革を見据え、まずは業務フローを変更せずにロボットによる操作代行を目的にスモールスタートから始めることが望ましいと言えます。


SMSデータテック RPAコンサルの特長

システム運用部門において、業務効率化は常に経営課題となっているものの、コスト面や業務の特殊性などによって、結局、人手に頼っている部分が多く残っています。

SMSデータテックでは、長年、大規模な金融や公共システムの運用を実施してきました運用ノウハウ、QC(クオリティコントロール)分野における改善コンサルティングの歴史があります。

これらの運用業務改善におけるノウハウとRPAテクノロジーを合わせることによって、システム運用部門において、従来どうしても人に頼らざるをえなかったような業務の自動化実現を強力にサポートします。


RPAによる業務改善に適した業務

システム運用業務の中でも特にこれらの業務においてRPAによる作業自動化の効果が見込まれます。


<ITシステム運用>
  • 大量データを取得・読み取り、定型書式へデータを入力・転記
  • データ検証作業(突合、比較)
  • インシデント件数や対応履歴など、運用管理製品からの実績データを整形しレポート化
  • 定型的なシステムオペレーション作業の実行
  • テスト環境構築のため本番環境から業務データ等を抽出しテスト環境へ反映
  • 障害が発生した際に担当者へメール通知
  • オンサイト対応者へ障害内容と現地までの地図を記載した依頼書を作成しメール送信

<サポートデスク運用>
  • サポートデスクチーム業務において問い合わせ実績データのレポート化
  • ユーザからの問い合わせにおいてユーザIDのロック解除やパスワードの再設定
  • ユーザからの問い合わせ(音声、メール)に対しQAから回答を抽出し提供(実現可能か?)

<社内業務運用>
  • 会計システムなどのデータをExcelファイルへ取り込み
  • ECサイトにおいて商品データを検索し一覧を作成
  • 交通費申請の整合性確認(乗り換え案内の検索結果と比較)
  • 勤怠管理システムから長時間残業者を検索

RPAコンサルティングの流れ

  1. 簡易無料診断
    まずは無料診断にて対象業務における対象業務の洗い出しと、それらの業務の現状把握を実施します。それぞれの業務におけるRPA導入の可能性と導入時の費用対効果についてレポーティングを実施します。
  2. 対象業務の分析
    RPA導入の対象となった業務について、現状の業務プロセスを現場の作業者の方々からより綿密にヒアリングを実施します。その結果を元に現状の業務プロセスについて可視化をしRPAの導入方法を検討します。
  3. RPA導入設計
    対象業務のRPA導入に使用するロボットを選択し、ロボットの設計と開発を実施します。同時に、導入後の運用におけるITサービスマネジメント(ITIL)をベースとした運用設計についても実施します。
  4. 導入・運用
    実際の業務に対するRPAを導入を実施します。RPAを使用する作業者の方々への教育も併せて実施します。また、その後の運用のサポートも実施します。