システム運用設計

長期間安定稼動のために、システム導入時点から運用を支援



 
システム運用における想定される事態、状況、変化をシステム開発段階から要件として吸収し、サービス全体を考慮した運用プランをご提案いたします。これまで社会インフラを支える大型システムの運用に携わってきた経験をもとに、ビジネスの成功に貢献するシステム運用設計をご提供いたします。


運用設計とは

運用設計の必要性

情報システムにおいて、長期に渡り安定した運用を行うためには、システム開発フェーズの中で運用設計をきちんと行う必要があります。

設計が行われていないシステム運用の現場では、作業ミスの発生頻度が高く、技術者も属人化傾向にあり、重複作業が日常的に行われ、必要の無い作業に多くの時間を費やしてしまうなどコスト超過に繋がっていることが少なくありません。

またトラブルの発生時に迅速な対応が取れず復旧に時間がかかり、情報システムの可用性が低下することでお客様のビジネスに大きな影響を与える可能性があります。 運用設計ではそのような事態や状況の変化を捉え、運用の要件として抽出し、ITILを参照したプロセスの設計を行うことで安定運用を継続することが可能となります。

運用設計の効果

  • システムの安定稼動による可用性の向上
  • プロセス標準化に伴うミスや重複作業の低下によるコスト削減
  • 急な変化にも柔軟に対応が可能

運用設計 成功の秘訣

SMSデータテックでは、運用設計を成功させる必要な要素は非機能要件定義を運用者が設計することであると考えています。

システム開発の現場では、試験工程などプロジェクトの途中段階からシステム運用者が参画するケースが多く、システム開発者が考えた運用設計がベースになる場合が往々にして発生します。 そもそもシステム開発とは運用工程を作成することです。運用経験者が設計段階から入ることで最適な運用工程を構築することが出来ます。

SMSデータテックでは、運用設計コンサルティングとして幅広い知識と経験を持つ運用者がプロジェクトの初期段階から参画し、クライアントや開発エンジニアとコミュニケーションをとりながら、サービス運用全体の設計をお手伝いします。



キャリアとナレッジ

システム運用者のキャリア

運用設計は、オペレーションから管理まで一連の運用業務のキャリアを積んだ者が設計業務に従事。つまり「現場がわかる」人物が手がけるようにしています。

(運用者経験事例)

オペレータ(1年目~3年目) : 金融、公共系の大規模システムにおいてオペレータ業務を遂行しグループリーダまで経験します。

運用管理(4年目~7年目) : オペレータへの作業指示、トラブル対応(調査・復旧)、システム維持管理業務、新規サービスの受け入れ、変更・リリース管理、 お客様問い合わせ対応などを経験します。最終的には運用管理担当のリーダとなり全体を管理します。

運用設計(8年目~) : オペレータから運用管理業務の経験を活かし、次期システムや新規サービスに向けて最適な設計の提案を行います。

運用改善(9年目~) : お客様が抱えているシステム運用に関する悩みをヒヤリングし、過去の経験を活かし有るべき姿に向けて改善提案と活動を実施します。


開発ノウハウを社内の開発標準として蓄積

SDT開発標準という形で、社内で行われた過去の開発ノウハウを技術体系化して共有化。開発・運用における幅広いノウハウと課題に対する解決プロセスを過去事例から参照できる社内ナレッジを蓄積しています。成果物、提出資料の雛形も整備しており、プロジェクトへ参画した際の立ち上がりが早いのもSMSデータテックの運用設計の特長のひとつ。スピードのあるシステム運用構築に対応しています。


サービスメニュー

<やること>


運用設計のイメージ


<サービスメニューの羅列 概要の説明>


運用方式設計 非機能要件整理
運用自動化設計
システム監視方式設計
処理実績管理方式設計
バックアップ方式設計
リリース管理方式設計
ログ管理方式設計
運用支援ツール設計
プロセス設計 プロセスフロー設計(ITIL参照)
SLA定義
手順の標準化 
マニュアル作成 プロセス管理作業要領
運用マニュアル
各種手順書・チェックリスト作成
サービス提供計画書
テスト・移行  マニュアル確認
操作訓練
試験計画・実施
教育計画・実施
移行対応・正常性確認

設計ポリシー

"運用設計では、想定される事態、状況、変化をシステム開発段階で要件として吸収し、サービスの提供工程をどのように運用していくのかを設計開発します。システム運用設計サービスは、システム運用を支える根幹となります。SDTは社会インフラの基盤となる大型システムの運用に携わってきましたが、万全の体制でも予想もしないトラブルが100%起きないことはありません。数々の修羅場をくぐり抜けてきた経験から、ビジネスの基盤となるシステムの設計を手掛けるにあたり到達した方針があります。


新規リリース予定のシステム、既存システム問わず、SMSデータテックでは以下をお約束致します。

運用管理状況の可視化と標準化

日々の運用管理状況の可視化と標準化を目指して、お客様システムの運用状況を調査し、プロセス毎の運用基準書や運用プロセスフローをお客様と一緒に作成します。


ITILとPDCA導入

今後の改善点を明確にするために、ベストプラクティスであるITILとの差異も報告します。お客様はこららの基準書を基に継続的な品質改善のPDCAサイクルを導入・維持することにより、効率的で安定した運用を実現できます。

雛形の提供

設計開発フェーズにおける運用設計成果物(雛形)と検討リストを提供致します。実際の設計開発においては、システム要件、業務設計、基盤設計と連携して設計構築し ます。 
成果物例:サービス提供計画書、ITSMプロセス管理作業要領

事例

課題とサービス導入背景

大手エンドユーザのICT課題をシステムインテグレートするA社では、お客様の機器をハウジングするデータセンタを持ち、これを統括監視するシステムのマシン室が各ロケーションにあり、ロケーション毎に運用チームを編成していた。物理的な制約から本社情報システム部門で統合管理ができておらず、各ロケーションに管理を行っており、統合監視できる環境を検討していた。


SMSデータテックのシステム運用改善サービスによる支援内容

  • KVMスイッチ※1による仮想コントロール環境を構築し、各ネットワーク環境への接続、操作、参照を統合して、統制室にて集約監視できるようにした。
  • ESSRECサーバ※2を導入し、監査法に準拠した監査対応も行えるようにした。

※1 一組のキーボード・マウス・ディスプレイから、複数台のコンピュータを切り替えて使用することができる接続機器。KVM"は Keyboard, Video (Visual unit), Mouse の略。
※2 操作画面を動画で記録できる製品。日々の業務に関する端末操作内容を監査可能なかたちで記録・保存し、さまざまなリスクコントロールの課題に対応できる



サービス導入による効果

  • 物理的制約のない統合監視オペレーション環境を実現することで、複数あった統制室を一元化
  • 情報集約を可能とするマルチビューシステムにより、重複したオペレーション環境を廃止し人件費を削減
  • 端末の集約によるダウンサイジング化で、システム環境のリースにかかる管理業務やリース料を削減
  • 端末操作によるおける証跡管理(ESS-REC)によりスマートな監査対応を実現