FTPサーバーとは?通信の仕組みやソフトまで紹介

IT運用サービス
#セキュリティ
#システム運用
#IT基礎知識
#ITコンサルティング
FTPサーバーとは?通信の仕組みやソフトまで紹介

WebサービスやWebサイトを運営する上で必ず知っておきたい「FTPサーバー」ですが、通信の仕組みがどうなっているのか、どういったメリットがあるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。
本記事では、FTPサーバーとはどういった仕組みで通信を行っているのか、メリットやデメリット、接続のために必要な情報や無料FTPソフトをご紹介します。

FTPサーバーとは

FTPサーバーとは、「File Transfer Protocolサーバー」の略称であり、ファイルのアップロードやダウンロードを行う際に必要なネットワークプロトコルを使用するサーバーのことを指します。
WebサイトやWebサービスを編集するためには、FTPサーバーは必要不可欠であり、FTPサーバーにアクセスすることで各種ファイルが編集できるのです。

ネットワークプロトコルとは

ネットワークプロトコルとは、コンピュータネットワーク上でのデータ通信の規約や規則などのルールを指します。
プロトコルにはさまざまな種類が存在しますが、インターネットなどのネットワークを構成するために用いられるプロトコルが「ネットワークプロトコル」と呼ばれます。

FTPサーバーのメリット・デメリット

FTPサーバーのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

FTPサーバーには「ファイルの転送が簡単にできる」「リモートアクセスが可能」といったメリットがあります。
FTPサーバーは、インターネット上でファイルの転送を行う一般的なプロトコルであるため、さまざまなOSやデバイスで利用ができ、ファイルの転送が容易です。また、FTPサーバーを介すことで、制限がない限りは場所を問わずリモートでファイルにアクセスして編集ができます。
近年一般的になりつつあるリモートワークには、欠かせないツールと言えるでしょう。

デメリット

一方でFTPサーバーには「セキュリティ対策の必要がある」「帯域幅を圧迫する」といったデメリットも存在します。
FTPサーバーにアクセスするためには、アドレスやユーザー名、パスワードが必要ですが、それが流用されると誰でもアクセスができてしまい、ファイルを編集されるリスクがあるため、強固なセキュリティ対策が必要です。また、FTPサーバーは大量のデータを転送することになるため、帯域幅を大幅に圧迫してしまう恐れもあります。
FTPサーバーを使用する際は、帯域幅に注意しましょう。

Click me

FTP通信の仕組み

FTP通信がどのような仕組みになっているのかを解説します。

FTPを構成する2つの要素

FTPは「FTPサーバー」と「FTPクライアント」の2つから構成されており、サーバーとクライアントの間で通信を行うことでファイルの送受信が可能になります。
FTPサーバーがインターネット側に設けられているのに対し、FTPクライアントはユーザー側に設置されています。
ユーザーはFTPクライアント側から、ファイルの送受信が簡単にできるよう開発されたソフトウェアであるFTPソフトを介してサーバーのファイルを編集する方法が一般的でしょう。

PIとDTPが連動している

FTP上では「PI」と「DTP」と呼ばれる2種類のプログラムが連動して稼働しています。
これらのプログラムが連動して、サーバーとクライアント間のプロトコルの翻訳やデータの送受信を行っているのです。
どちらか一方だけでは機能せず、必ず2種類が連動する必要があります。

ポート番号を利用してセキュリティを強化

ポート番号とは、サーバーのアプリケーションごとに決められた数字であり、サーバーにアクセスする際に必要となります。
一般的なサーバーの場合、余分なポート番号はアクセスできないように閉じられているため、ポート番号を利用することでセキュリティの強化が図れます。

FTPサーバーの利用方法と注意事項

ここでは、FTPサーバーの利用方法と注意事項を解説します。

FTPソフトダウンロード

FTPサーバーにアクセスするためには、「FTPソフト」が必要になります。
後に紹介しますが、無料でも十分に使えるFTPソフトがありますので、まずはダウンロードしましょう。
使用しているパソコンの種類によっては、Windowsのみでしか動作しないソフトもあります。

初期設定時に必要な最低限の情報

FTPソフトをダウンロードできたら初期設定を行います。
初期設定時には以下の項目を入力します。これらは外部に流出してしまうと、サーバーにアクセスできてしまうため流出しないよう対策が必要です。

  • サーバーアドレス
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ポート番号

これらが誤っているとサーバーにアクセスできないため、間違えないように注意して入力してください。

設定時の注意事項

FTPサーバーにアクセスすると、サーバー上に存在するファイルが表示されるのですが、ファイル名を変更したりファイルを削除したりしないように注意しましょう。
ファイルを削除してしまうとバックアップがなければ復元できなくなってしまう恐れがあります。
また、ファイル名が変わるだけでもWebサイトが表示されなくなってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

新規CTA

おすすめ無料FTPソフト

無料で使用できるFTPソフトを厳選して3つご紹介します。

FFFTP

FTPソフトの中でも最も知名度が高く、トップクラスに利用ユーザー数が多いソフトが「FFFTP」です。
FFFTPでは、ファイルの一括転送や文字一括置換機能などがついており、ファイルの編集を助けてくれる機能が豊富に搭載されています。
迷った場合はまずはFFFTPの利用をお勧めします。
参考:https://ja.osdn.net/projects/ffftp/

WinSCP

WinSCPは、Windowsに限定したソフトではあるのですが、FFFTPに次いで知名度が高く利用ユーザー数も多いソフトです。
FTP接続の種類も豊富で「SFTP接続」や「SCP接続」に対応しているため、クライアントサーバーのセキュリティが厳しい場合はWinSCPを利用してアクセスしましょう。
参考:https://winscp.net/eng/download.php

Filezilla

Filezillaは、 Mac環境でも動作するFTPソフトです。
「SFTP接続」や「SCP接続」に対応しているだけでなく、多言語対応もしているため日本語表記でわかりやすく操作ができます。
ファイルの高速転送機能やファイル名のフィルター機能など、便利な機能も豊富に搭載されているおすすめのFTPソフトです。
参考:https://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se493400.html

まとめ

FTPサーバーは、WebサイトやWebサービスを運営するためには欠かせないツールですが、セキュリティ上のリスクも存在するため、利用する際は十分に注意する必要があります。
FTPの扱いに不慣れな人は注意しながらFTPサーバーを利用して、Webサービスを運営していきましょう。
FTPサーバーの運用に不慣れな方はSMSデータテックへご相談ください。
SMSデータテックでは、長年培った運用ノウハウをもとに、FTPサーバーの運用を含めお客様のシステム運用を効率的にサポートいたします。

まずはお気軽にご相談ください
お問い合わせフォーム

おすすめイベント・セミナー 一覧へ