PCキッティングとは?手法から注意点まで具体的に紹介します

IT運用サービス
#ITアウトソーシング
PCキッティングとは?手法から注意点まで具体的に紹介します

PCを利用する際、新品の出荷された状態では企業の環境においてすぐ利用はできません。利用できる状態へのセットアップ作業が必要であり、この作業のことを「キッティング」と呼びます。企業でPCをする際には、このキッティングは必須と言っていい作業なのですが、意外に手間がかかり、頭を悩ませるものでもあります。

本記事では、キッティングの方法や注意点、効率的な方法について紹介します。IT機器の管理者はぜひチェックいただきたい内容です。

キッティングとは

キッティングとは、初期状態のPCやスマートフォンなどに対し、ソフトウェアのインストール、設定などを行い、利用できる状態にすることを指します。企業においては、情報システム部門やIT機器の管理者が担当したり、外部に発注するケースが多いです。

キッティング作業の範囲はケースバイケースで、OSなどの設定やソフトウェアのインストール、ネットワークへの接続など、利用先によって変わります。PCのユーザーが、すぐに利用できる状態へセッティングしておくことが肝要です。

ただし、PC販売者からの出荷の段階では、どのようなユーザーの手元にPCが渡るのかは分からず、その設定も企業などの環境により正解はそれぞれです。このあたりが、情報システム部門やIT機器の管理者の頭を悩ませるところでしょう。

キッティングの作業方法の種類

PCのキッティング作業には、大きく2つの方式があります。キッティング作業の内容や対象台数などにより、方式を選択して実施します。

手作業

作業対象のPCの台数が少ない場合や、設定内容が少ない際には、最も基本的な方法である手作業でのキッティングを行うことが多いです。設定が必要な項目をリストアップし、一つずつ設定作業を行っていきます。

対象の端末が複数ある場合には、作業をマニュアル化します。マニュアル化することで、作業の抜け漏れを防ぎ、作業者の知識に依存することなく誰にでも実施できるようになります。

手作業でのキッティングはきめ細やかな対応が可能ですが、人的コストがかかることや作業ミスなどの人的エラーが発生し得ることなどが課題です。

クローニング

クローニングはある端末の設定を、他の端末にコピーすることで設定する方式です。

まず、手作業によりキッティングが完了した端末を作成し、そのイメージデータを取得します。このイメージデータを他のキッティング対象の端末にコピーして設定を行います。

クローニングでは、事前に一台分の設定を完了させる必要があります。他の端末へコピーを行うため、この一台は正確に設定されていなければなりません。また、各端末に固有の設定などはクローニングだけでは対応できないため、個別に対応をする必要があります。

キッティングを自社で実施する際の注意点

キッティングは設定内容が様々であり、大抵の場合は自社内で実施することが可能です。しかしながら、注意しなければならない点も存在します。

利用環境を熟知する必要がある

キッティングでどこまで、どのように設定するかを事前に定めておく必要がありますその際、企業内でのPCの利用環境を熟知していなければ、設定内容が決められません。また、同じ企業で利用する端末でも事業所によって違う設定や利用するソフトウェアが変わる事もあるでしょう。

キッティングで行う必要のある全ての設定に、最適化した対応を行うことが求められます。また、セキュリティパッチなどは、最新のものを適用することが必須のため、考慮が必要です。

端末ごとに違う点を考慮

キッティング対象の端末ごとに異なる設定が必要となるケースには注意が必要です。例えばデバイス固有の番号を利用した設定、ネットワーク接続を固定IPアドレスで設定する場合などです。これらは端末ごとに設定を用意しなければならず、クローニングでは設定できない項目となります。

手順や初期に用意する端末の設定には細心を要する

手順作成時やクローニングの一台目の設定では、細心の注意を払い、正確なセットアップを行う必要がありますいずれのケースでも最初に設定した内容を展開するため、誤りがあれば誤った設定が展開されてしまうことにつながるからです。誤った設定をしてしまった場合、その修正には無駄なコストがかかってしまうことは言うまでもないでしょう。

効率的なキッティングを行うには

キッティング作業を効率的に行うためのポイントを紹介します。

利用用途の明確化

キッティング内容を定める際には、PCの利用用途を可能な限り明確化することが大切です。用途が明確になれば、必要な設定と不要な設定がわかり、最小限のキッティングが可能となります。無用な設定作業を避けることで、作業の効率化が図れます。

展開手法の検討

設定対象の端末数が多い場合には、キッティングの展開方法を詳細に検討することで効率化が図れます。例えば、作業展開で下記の方法などが利用可能です。

  • 作業のマニュアル化
  • クローニングの適用
  • 作業者を複数用意する
  • リモートでの設定実施など

など

手順、初期設定を高精度に準備

作業を手順化する場合も、クローニングを適用する場合も、最初の準備が肝心です。準備段階でミスなく設定内容を用意しておくことが、結果的にはロスのない効率的な作業につながります。

効率的な作業ノウハウを持ったアウトソーシングの活用

キッティング作業は、「手間がかかり」、「ミスが許されない」、「設定が都度変わっていくという意味で定常的業務ではない」という特徴を持っています。毎回、キッティングが必要な際に、手間がかかるのであれば、ノウハウを持った外部に作業を依頼するアウトソーシングも効率的な実施の選択肢の一つとなります。

設定しなければならない内容の明確化を共同で行った後は、最新化などの点についてはアウトソーシング先が最適な設定を行ってくれます。複数台での作業においても、リソースを自社側で調整する必要はありません。

新規CTA

キッティングをアウトソーシングした場合のメリット

キッティング作業をアウトソーシングするメリットについて、より詳しく紹介します。

作業ノウハウのドキュメント化

キッティングの設定内容は端末やソフトウェアのバージョンアップに伴い変わっていきますが、大筋でしなければならないことは決まっています。このため、キッティング作業の内容や手順のドキュメント化を含めて依頼することでノウハウを得ることができます

端末数の増減への対応が柔軟

自社でキッティングを行う場合、作業対象の端末数が増えると必要な人的リソースが増加します。キッティングをアウトソーシングしていれば、設定端末数の増減にも簡単に対応が可能です。金銭面のコストはかかりますが、貴重な自社の人的リソースの消費を防げます。

豊富な知識で作業漏れを防げる

キッティングに豊富な知識を持ったアウトソーシング先であれば、知見から必要な設定を補足し、作業の抜け漏れを防ぐことが可能です。いざ、PCを利用しようとしたときに問題が判明する最悪の事態を防ぐことができます。

まとめ

キッティングは簡単なように見えて、手間もかかり、ミスがあると利用者の仕事が止まってしまう恐れもあります。手間を省き、正確性の高いキッティングを望む場合には、外部にアウトソーシングすることもおすすめです。

SMSデータテックではIT業務の各種アウトソーシングを提供しております。PCのキッティングにも、多数の実績とノウハウがありますので、ぜひご活用を検討ください。

まずはご相談から受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

おすすめイベント・セミナー 一覧へ

JapanITWeek2024春に出展いたします!
イベント・セミナー

今年も、JapanITWeeK春の季節がやってきました!今回から新しい分野として登場した「データドリブン経営EXPO」に弊社SMSデー...

CATEGORY