自動発注システムのおすすめ20選!種類や選び方も紹介

自動化ソリューション
#業務効率化
#自動化
自動発注システムのおすすめ20選

発注業務の煩雑さやヒューマンエラーを減少させるために、自動発注システムの導入を検討している方が増えています。
この記事では、自動発注システムの種類や選び方、おすすめの発注管理システム20選など、詳細な情報を分かりやすく解説します。
さらに、注目のプリザンター×RPAによる自動発注システムの構築方法もご案内します。
ぜひ効率的な発注業務の実現に向けて、本記事をお役立てください。

自動発注システムとは

発注業務の効率化を図るための有力な手段として、自動発注システムが注目を浴びています。
自動発注システムは、発注プロセスを自動化し、人為的なミスを削減することで業務の迅速化と品質向上を実現するツールです。
このシステムを利用することで、発注業務の担当者は戦略的なタスクにより時間を費やすことができます。

自動発注システムの種類

自動発注システムには、さまざまな種類が存在します。
一般的なタイプとしては、「セルワン・バイワン方式」「簡易発注方式」「需要予測型発注方式」があります。
また、業界や企業のニーズに合わせてカスタマイズされたシステムも存在します。
発注業務の特性に応じて、適切な種類を選ぶことが重要です。

セルワン・バイワン方式

セルワン・バイワン方式は、商品が売れた分だけを発注する方式です。
特定の商品についてのみ需要がある場合や、商品の特性上、大量に発注する必要がない場合に適しています。
ただし、商品ごとに発注するため、需要予測の精度が高くなければなりません。
基準の数量が販売数量を上回ると在庫が発生したり、下回る場合は搬入・物流のコストが増加するなど、デメリットがあることに注意が必要です。

簡易発注方式

簡易発注方式は、特定の基準に基づいて一定の数量を発注する方式です。
主にコストや重要度が低い商品に使用します。
簡単な需要予測や在庫管理が求められますが、運用が比較的容易です。
また、簡易発注方式には「ダブルビン方式」と「補充方式」の2種類あります。

  • ダブルビン方式
    商品在庫を保管する棚などを2つ用意し、片方の在庫がなくなったら商品を補充する方式です。
  • 補充方式
    基準量を使用したらその分を発注する方式です。

需要予測型発注方式

需要予測型発注方式は、AIシステムなどを活用し、過去のデータや需要傾向を分析したり、将来の需要を予測したりします。
他の方式と異なり、発注基準を設ける必要がなく、誤発注などのミスも減らせます。
ただし、需要予測は確実ではなく、市場変化や情勢などによっては対応できない可能性もあります。

新規CTA

自動発注システムの選び方

自動発注システムを選ぶ際には、以下のポイントに注意することが大切です。

機能のカスタマイズ性

発注業務は企業ごとに異なるため、システムの機能がカスタマイズ可能かどうかを確認しましょう。
自社のニーズに合わせて調整できるシステムであれば、効果的な運用が可能です。

Excelで行っていた業務を簡単カスタマイズで一元管理

連携性と拡張性

他の業務システムとの連携や将来的な拡張性も考慮しましょう。
シームレスなデータ共有や新たな機能の追加が容易なシステムであれば、長期的な視野での利用が可能です。

ユーザーフレンドリーなインターフェース

使いやすいインターフェースは、導入後のトレーニングや運用において大きな影響を与えます。
直感的な操作が可能なシステムを選びましょう。

おすすめの発注管理システム20選

以下に、自動発注システムを備えたおすすめの発注管理システムを紹介します。

1.BtoBプラットフォーム

BtoBプラットフォームは、企業間の取引を支援するオンラインプラットフォームです。
商品発注から受け取りまでの一連の流れを効率化し、ビジネスパートナーとのコミュニケーションを促進できます。
料金については問い合わせによる確認が必要です。

2.楽楽B2B

楽楽B2Bは、BtoB取引を容易にするプラットフォームです。
取引先企業との受発注や在庫管理をオンライン上でシンプルに行い、業務の合理化を図ります。
3種類のプランがあり、それぞれ以下の料金です。

  • ライトプラン:50,000円/月
  • スタンダードプラン:75,000円/月
  • エンタープライズプラン:120,000/月

3.楽楽販売

楽楽販売は、複数店舗の受発注業務を一元管理するシステムです。
店舗ごとの在庫状況や発注履歴を見やすくまとめ、リアルタイムな情報共有を実現できます。
初期費用が150,000円、月額費用は60,000円から利用可能です。

4.AnyForm OCR

AnyForm OCRは、OCR(光学文字認識)技術を活用した発注書や請求書の自動処理ツールです。
紙ベースのデータをデジタル化し、ヒューマンエラーの減少に貢献します。
料金については問い合わせによる確認が必要です。

5.ecbeing BtoB

ecbeing BtoBは、BtoB取引に特化したシステムで、受発注や在庫管理だけでなく、データの連携や分析機能も備わっています。
取引データを活用した戦略的な意思決定を支援します。
料金については問い合わせによる確認が必要です。

6.TEMPOSTAR

TEMPOSTARは、発注と在庫管理の両方を網羅したシステムです。
複数の業界に対応し、多様なビジネスニーズに応えるカスタマイズ性を備えています。
月額費用は商品課金と受注課金(定額プランまたは従量プラン )によって変動します。
初期費用は発生せず、月額基本費用は10,000円から利用できます。

7.TS-BASE 受発注

TS-BASE 受発注はクラウドベースの受発注管理ツールです。
注文の自動化や取引履歴の追跡など、BtoB取引全般を支援する機能を提供しています。
プランについては3種類あり、どのシステムを使うかによって変動します。
たとえば、注文サイトと管理システムを利用する場合は、初期費用470,000円(税抜)と月額100,000円がかかります。

8.マルチプラットフォームシステム

マルチプラットフォームシステムは、複数のプラットフォームを統合し、複数の顧客や取引先との受発注プロセスを統一的に管理できます。
シームレスな取引環境の実現も可能です。

9.ネクストエンジン

ネクストエンジンは、取引先との受発注プロセスをオンラインで簡便に行い、業務効率を向上できます。
料金については問い合わせが必要ですが、公式サイトのチャットサポートより簡単に確認可能です。

10.MOS

MOSは、スマホやタブレットに対応しており、リアルタイムで在庫情報と受発注管理ができます。
オンライン上での発注や在庫確認を迅速に行い、効率的な取引を実現します。
料金については問い合わせによる確認が必要です。

11.アラジンEC

アラジンECは、オンラインでの受発注と在庫管理を簡単に行い、スムーズなBtoB取引を支援するソリューションです。
料金は月額固定型のため売上に左右されません。
目安は初期導入費用は300万円から、月額費用は6万円からです。

12.SpreadOffice

SpreadOfficeは、Excelの直感的な使い勝手をベースにした受発注・在庫管理ツールで、カスタマイズ性と利便性が高く評価されています。
3種類のプランがあり、それぞれ以下の料金です。

  • ライトプラン:980円/月(税込)
  • ミドルプラン:1,280円/月(税込)
  • スタンダードプラン:1,980円/月(税込)

13.CO-NECT

CO-NECTは、クラウド型の受発注・在庫管理ツールで、多様な業界に対応しており、簡単な操作で取引プロセスを効率化できます。
受注側では5種類のプランがあり、どれも初期費用はかかりません。
月間受注件数や機能面に違いがあるためよく確認しておきましょう。

14.ASPIT

ASPITは、飲食店向けに、発注・買掛管理や売上管理、勤怠管理まで幅広い機能が搭載されています。
なお、料金については問い合わせが必要です。

15.COREC

CORECは、ユーザビリティに優れた受発注・在庫管理システムで、シームレスなプロセスを実現するための機能を提供しています。
発注側では、無料プランとビジネスプランが展開されており、主に機能面が異なります。
ビジネスプランは2,980円/月(税抜)で利用可能です。

16.らくうけーる

らくうけーるは、クラウド型の受発注管理ツールで、直感的な操作で取引パートナーとのやり取りを円滑にします。
申し込んだサービスメニューの月額料金と従量料金の合計が利用料金です。
詳細は公式サイトより確認してください。

17.オークファンロボ

オークファンロボは、AIを活用した自動発注システムで、需要予測と正確な発注を組み合わせて効率的な取引を実現します。
利用するにはWebでのお問い合わせが必要です。
また、2週間の無料トライアルもあります。

18.クロスオーダー

クロスオーダーは、主に飲食店に適した受発注システムです。
LINEでの発注ができ、発注後はLINEメッセージが届くため、ミスも減らせます。
料金については問い合わせして確認しましょう。

19.Bカート

Bカートは、在庫管理と受発注を総合的にサポートし、取引の履歴やプロセスを簡単に追跡できます。
6種類のプランがあり、最安のプランでは9,800円/月(税抜)です。
また、すべてのプランに共通して、初回のみ初期費用として80,000円かかります

20.TANOMU

TANOMUは、主に卸売業者の効率化を目指すツールで、オンラインでの発注と在庫管理をスマホで行えます。
料金については、初期費用と月額費用の組み合わせで決まるため、問い合わせが必要です。
また、TANOMUは「IT導入補助金2023」の対象製品のため、導入費用を抑えられます。

新規CTA

導入時の注意点

自動発注システムの導入に際しては、以下の注意点を押さえておきましょう。

データの正確性と整合性

システム導入前に、既存データの正確性と整合性を確認しましょう。
不正確なデータがシステムに組み込まれると、誤発注につながる可能性があります。

トレーニングと運用体制の整備

システムの適切な運用を確保するために、担当者へのトレーニングと運用体制の整備が必要です。
システム導入後も適切なサポートが行えるように準備しましょう。

セキュリティ対策

発注データは企業の機密情報を含むことがあります。
適切なセキュリティ対策を施したシステムを選び、情報漏洩のリスクを最小限に抑えましょう。

プリザンター×RPAで自動発注システムの構築

プリザンターは、生産管理を効率化できるサービスです。
生産管理において、情報の入力や在庫管理、原材料・資材管理など、さまざまな管理対象が存在します。
プリザンターを活用することで、製品ごとの生産状況(進捗)、本数などを一覧化できるため、業務の効率化を狙えます。
さらに、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と組み合わせることで、自動発注システムとしての構築も可能です。
RPAは事前に設定されたルールに基づいて実行されます。
発注処理のケースでは、注文先の情報や数量などを自動的に入力し、注文手続きを完了できます。誤発注などのヒューマンエラーの防止に役立ったり、人件費などのコスト削減にも効果的です。

Click me

まとめ

自動発注システムは、発注業務の効率化と品質向上を支援する強力なツールです。
この記事では、種類や選び方、おすすめの発注管理システム20選、さらにプリザンター×RPAの自動発注システムについて解説しました。
発注はミスを起こさない正確性が求められる業務です。
ミスの原因でもあるヒューマンエラーを防止できる最適なシステム選定とプリザンター×RPAの活用で、効率的な発注業務を実現してみてはいかがでしょうか。

おすすめイベント・セミナー 一覧へ

CATEGORY