レガシーシステムとは?2025年の崖問題からの脱却方法3選

ITコンサルティング
#IT基礎知識
#セキュリティ
レガシーシステムとは?2025年の崖問題からの脱却方法3選

「2025年の崖問題」とは、古いテクノロジーやアーキテクチャで構築されたレガシーシステムが直面する課題です。
この記事では、レガシーシステムの意味や問題点を解説し、2025年の崖問題からの脱却方法を紹介します。
さらに、モダナイゼーションや移行・統合、クラウド移行などの具体的な解決策も解説しています。
企業のセキュリティ強化や競争力向上に向けて、戦略的なシステムの脱却を進めるための貴重な情報です。

レガシーシステムとは

レガシーシステムとは、企業や組織が長期間にわたって使用してきた旧式の情報システムのことを指します。これらのシステムは、新しいテクノロジーや最新の要件に対応しておらず、時代遅れの象徴となっています。
一般的には、古いプログラミング言語や古いハードウェア、旧式のデータベースなどが使用されています。

レガシーシステムの継続利用で引き起こされる具体的な問題

レガシーシステムの継続利用は、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。
以下に具体的な問題をいくつかご紹介します。

セキュリティリスクの増大

レガシーシステムは、古いセキュリティ規格や脆弱性が存在するため、サイバーセキュリティリスクが高まります。
ハッカーは、旧式のシステムに対して特定の攻撃手法を使用する可能性があり、貴重なデータや機密情報が漏洩するリスクがあります。

生産性の低下

レガシーシステムは、新しい機能や効率化の手法に対応していないため、従業員の生産性を低下させることがあります。
作業に時間がかかったり、手作業が必要なタスクが増えたりするため、業務効率が悪化します。

統合性の欠如

レガシーシステムは、現代のビジネス環境で必要とされるシステムとの統合が難しい場合があります。
新しいアプリケーションやクラウドサービスとの連携が困難であったり、データの一元化ができなかったりするため、情報の共有やビジネスプロセスの効率化が妨げられます。

メンテナンス・サポートの困難さ

レガシーシステムのメンテナンスやサポートは困難を伴う場合があります。
古いシステムの場合、サポートが終了しているか、サポートを提供する企業や開発者が限られている可能性があります。
そのため、問題やバグの修正、セキュリティパッチの適用が困難になるでしょう。

レガシーシステムが大きく関わる『2025年の崖問題』とは

「2025年の崖問題」とは、2025年を境にして、一部のレガシーシステムが正常に機能しなくなる可能性があるという問題です。これは、代表的な基幹システムであるSAP社のERPなどのサポートが、2025年に終了することで引き起こされます。
DXに対応できる人材の不足、複雑かつブラックボックス化したレガシーシステムなど、DX化に課題が残ったまま2025年を迎えてしまうと、デジタル競争の敗者になる可能性があります。
経済産業省の発表では、レガシーシステムが残存することによる損失は、最大で年間12兆円にも上るといわれています。

⇒「2025年の崖」問題とは?今すぐできる対策も紹介

レガシーシステムから脱却するメリット

レガシーシステムから脱却することには、以下のようなメリットがあります。

セキュリティの向上

レガシーシステムから新しいシステムへの移行により、セキュリティの向上が期待できます。
最新のセキュリティ対策や脆弱性への対応が可能となり、機密情報や顧客データの保護が強化されます。

効率的な業務プロセス

新しいシステムは、最新のテクノロジーや機能を活用して業務プロセスを効率化することができます。
自動化や統合性の向上により、生産性を向上させることができます。

競争力の向上

レガシーシステムから脱却し、モダンなシステムへの移行は、企業の競争力を向上させる要因となります。
迅速かつ柔軟なビジネス対応や顧客サービスの向上などが可能となり、市場での優位性を確立できます。

レガシーシステムから脱却する方法3選

レガシーシステムからの脱却方法はいくつかありますが、以下に3つの方法を紹介します。

モダナイゼーション

モダナイゼーションは、既存のレガシーシステムを最新のテクノロジーにアップデートする手法です。
これにより、システムの機能やパフォーマンスを向上させながら、古い要素を置き換えることが可能です。
また、モダナイゼーションは大規模なシステム変更を伴うため、信頼性やセキュリティの確保が重要です。
加えて、モダナイゼーションの市場は、需要の増加に伴い拡大しています。
古いレガシーシステムの更新やクラウド移行、デジタルトランスフォーメーションの推進などにより、多くの企業がモダナイゼーションを実施しています。
市場調査会社によると、2022年に130億6,000万米ドルと推定されています。
市場は2023年には143億7,000万米ドル規模に、2023年から2030年にかけて、10.47%のCAGRで成長し、2030年には289億8,000万米ドル規模に達すると予想しています。

※参考:ZDNET Japan

移行・統合

レガシーシステムからの移行や統合は、新しいシステムに既存のデータや機能を移行する手法です。
この方法では、既存のシステムの利点を保持しながら、新しいシステムの柔軟性や拡張性を取り入れることができます。
ただし、データの整合性や移行プロセスの正確性に注意する必要があります。

クラウド移行

クラウド移行は、既存のオンプレミスのレガシーシステムをクラウドベースのシステムに移行する手法です。
クラウドはスケーラビリティや柔軟性に優れており、インフラストラクチャのメンテナンスやアップグレードに関する負担を軽減することができます。また、セキュリティや可用性の向上も期待できます。
SMSデータテックのNetskopeは、オンプレミスと同等の機能を持ったクラウドセキュリティです。
クラウドサービスへのアクセス制限はもちろん、利用状況の可視化もできます。

新規CTA

まとめ

レガシーシステムは古くなったテクノロジーやアーキテクチャで構築されたシステムであり、セキュリティリスクや業務効率の低下などの問題を引き起こす可能性があります。特に「2025年の崖問題」では、旧式のシステムが正常に機能しなくなるリスクがあります。レガシーシステムからの脱却は企業にとって重要な課題です。モダナイゼーション、移行・統合、クラウド移行などの方法を選択し、新しいシステムの導入を検討することで、セキュリティの向上や業務プロセスの効率化、競争力の向上などのメリットを享受することができます。
SMSデータテックでは、セキュリティ対策はもちろん、お客様の現状をお聞きするところから始め、どのような流れで業務改善を進めていくかの順序だてから実施まで行い、レガシーシステムの脱却に向けて一緒に作業を進めていくことが可能です。「何から始めていくべきか悩んでいる」「企業の業務改善に関して相談できる相手が欲しい」などの悩みをお持ちの方はぜひその悩みをSMSデータテックにお聞かせください。

おすすめイベント・セミナー 一覧へ