経理をまるごと業務効率化!自動化のメリットや事例について徹底解説

自動化ソリューション
#IT基礎知識
#業務効率化
#自動化
#DX
#RPA

企業や組織におけるお金の管理を行う経理業務は、事業活動を支える重要な業務です。経理業務は頻繁に発生する上、金銭の管理と関係があるため複雑なルールが設けられていることも多々あります。さらには、取り扱いにおいてミスがあれば金銭的な問題発生に直接つながるため、慎重な対応が求められます。

これらの特徴を持つ経理業務ですが、ツールやサービスの活用により自動化、効率化をすることが可能です。重要性が高く頻繁に発生し、ミスが許されないという業務の特性は、自動化した場合のメリットが大きいということでもあります。

本記事では、RPA、AI-OCR、ローコードツールなどを用いた経理業務の自動化について紹介します。適用可能な業務、メリット、事例までを詳しく説明していますので、自社への導入検討にご活用ください。

経理で自動化できる業務とは

経理業務の中で自動化が可能な業務とはどの様なものでしょうか。
本項では自動化可能な経理業務をリストアップしています。概ね定型的な業務には自動化の適用が可能です。

業務 概要
請求業務 顧客に対し、請求書の発行、送付を行う業務です。
経費精算 企業や組織機内の必要経費を精算する業務です。
支払管理 売掛・買掛、残高などを管理する業務です。
資金管理 残高の確認、入出金の実施など企業の資金を管理する業務です。
給与計算・年末調整 従業員の給与計算や支払、年末調整などを行う業務です。
決算 企業の一定期間の損益を算出、確定する業務です。
税務申告 企業の売上、従業員の給与、経費などを管理し、税金の納入を行う業務です。

新規CTA

経理業務を自動化するメリット

経理業務を自動化するメリットには下記が挙げられます。

業務効率化

業務を自動化することで、経理担当者の業務効率化が可能です。担当者は同じ時間でより多くの業務をこなせます。

コスト削減

業務を自動化することにより、業務効率が向上し、結果として人的コストの削減が見込めます。

人材不足の対処

今後の企業の大きな課題となるのが人材の確保です。労働人口の減少により労働力の確保は難しくなると想定されますが、自動化で業務を効率化することにより人材の不足に対する手段にもなります。

人的ミスの削減

担経理業務には、人間によるチェックや計算などが含まれます。これらの業務では、対処する人間がミスをする可能性が存在しています。業務を自動化した場合には、コンピュータやソフトウェアがこれらを行うため、人的なミスを無くすことができます。

担当者の業務負荷削減

従来の経理担当者の業務繁忙期などでも、自動化により業務負荷を軽減します。

経理に関する紙類の調達、保管コストの削減

経理に紙媒体を利用していた場合、デジタル技術を用いて自動化することで、業務のための紙の調達、保管が不要になります。紙類の購入や保管コストといった固定費を削減できます。

経理業務を自動化する方法

業務の自動化には様々な方法があります。本項では、経理業務を自動化することのできるデジタル技術を紹介します。

RPA

RPAはRobotic Process Automationの略で、ソフトウェアによるロボットによって人間がコンピュータ上で行っている操作を自動化する技術です。例えば、伝票の数値をExcelに写してマクロを実行して請求書を発行している場合には、これらの処理をRPAに代替させることで業務が自動化できます。

SMSデータテックでは、WinActor・UiPath・RoboTangoなどのRPA製品を取り扱ったRPA導入支援サービスを提供しています。RPA導入にまつわるコンサルティングから開発、運用支援まで、お客様のRPA導入をトータルで支援いたします。経理業務を始めとして、あらゆるバックオフィス業務に適用することが可能です。

AI-OCR

OCRはOptical Character Recognition/Readerの略で、光学的な文字認識/文字読み取りを示します。AI-OCRは、OCRにAIによる機能付加を行っており、前後の文字から文字を類推するため高い読取精度を実現します。経理業務における紙の伝票の読み取り、入力業務にAI-OCRを利用することで自動化・効率化することが可能です。

SMSデータテックでは、AI-OCR製品であるDEEPREADの導入支援サービスを提供中です。先に紹介したRPAと合わせて、経理業務の自動化を実現するために有効な手段です。

ローコード開発ツール

ローコード(ノーコード)開発ツールとは、プログラミング不要で一連の処理の流れをアプリケーションとしてひとまとめにできる仕組みです。プログラミングに関する知識がなくとも、業務担当者が必要に応じてアプリケーションを構築できるため、自動化を推進するための強力な手段となります。

SMSデータテックでは、ノーコード・ローコード開発ツールPleasanterの導入支援サービスを提供しています。お客様の課題をヒアリングし、最適な利用方法を提案いたします。

Click me

経理業務の自動化成功事例

前項で紹介した経理自動化のためのツール活用について、事例を紹介します。

株式会社AXES様×RPA

海外ブランド商品の輸入、販売を手掛ける株式会社AXESでは、自社運営のオフィシャルサイトに加え、各種の通販サイトにも出店を行っています。販売チャネルごとに売上の集計、入金確認などの業務が存在しており、業務の効率化・自動化を必要としていました。SMSデータテックのRPA導入支援サービスを導入することにより、各種業務の自動化を実施し、自動化要望の高かったルーチンワークを1年半で半減させることができました。

下記の事例記事で詳しく紹介しています。
SMSDatatechコラム・事例「株式会社AXES様」

株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット様×プリザンター

JR西日本近畿地区の駅構内のコンビニ等を運営する株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット様では、店舗や設備の情報が紙、Excel、Wordなど様々な形式で、分散して管理されているという課題がありました。情報の分散により業務が円滑に回らないなか、その解決方法として選択したのがローコードツールでWebデータベースの機能も持つプリザンターの導入です。設備管理台帳の管理からはじめ、十分にプリザンターを活用して利用範囲を広げ、業務の効率化に成功しています。

下記の事例記事で詳しく紹介しています。
SMSDatatechコラム・事例「株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット様」

シーイーシーカスタマサービス様×プリザンター

シーイーシーカスタマサービスは、独立系ICT企業シーイーシーのサポート系SEと情報システム開発保守部門からできた企業です。Excelでの問い合わせ管理業務に限界を感じており、ローコードツールでWebデータベースの機能を持つプリザンターに着目して利用を始めました。その後、社内の様々な業務にプリザンターの適用を進めました。経費申請の仕組みをプリザンターに移行したところ、情報の共有がスムーズになり入力者と経理担当者の問い合わせが減ったといいます。約60業務で活用し、年間900時間の削減を達成しました。

株式会社アグレックス様×DEEPREAD

株式会社アグレックス様は、BPOサービスなどを展開しており、AI、RPAなども活発に利用されています。
顧客の保険金支払担当部門で請求書データの作成効率化においてリソース不足という課題がありました。その解決策として、AI-OCR「DEEP READ」の活用によりデータエントリーサービスを構築し、成功を収めています。

埼玉医科大学 総合医療センター様×WinActor

埼玉医科大学総合医療センター様では、患者さんの入院費の支払は原則コンビニでの支払用紙を送付する「後日精算」です。この後日精算に関して、入金確認などの処理が発生するのですが、手作業では多くのリソースがかかるという問題がありました。この作業の自動化に向けてRPA「WinActor®」を導入し、月に6回ある作業の2つのステップを1時間→30分、2時間→10分と大幅に効率化することに成功しています。今後、他の業務への利用拡大も検討されています。

まとめ

経理業務は正確性が求められる重要な業務です。それゆえ、担当者の業務負荷が高まるなどの課題を抱えていることも少なくありません。これらの課題の解決方法として、経理業務の自動化が挙げられます。RPA、AI-OCR、ローコード開発ツールなどの導入により多くの経理業務が効率化されてきています。

SMSデータテックでは、自動化コンサルティングRPA・AI-OCR導入支援、ローコード開発ツールPleasanter(プリザンター)導入支援などのサービスを提供しています。お客様の課題はどの様な方法で解決できるか、実績とノウハウを活用して最適な手段を提案いたします。お気軽にご相談ください。

▼ 業務効率化やDX推進に関するお困りごとを解消!

新規CTA

おすすめイベント・セミナー 一覧へ