ChatGPT活用事例20選!ビジネスで最大限の効果を発揮するためには

ITコンサルティング
#IT基礎知識
#業務効率化
#ITコンサルティング

ChatGPTは、自然言語処理を活用したAIモデルであり、ビジネスにおいてさまざまな活用事例が存在します。
本記事では、ChatGPTの使い方を知りたい人や興味を持っている人に向けて、ChatGPTのビジネス活用に向いている業務や具体的な活用事例を紹介します。さらに、ChatGPTの活用時に注意すべきポイントにも触れます。
ビジネスでChatGPTを最大限に活用するためのヒントを得るために、参考にしてみてください。

ChatGPTとは

ChatGPTは、OpenAIが開発した自然言語処理モデルです。
AIが学習した大量のデータを基にし、人間のような対話を行うことが可能です。ChatGPTは、文章を読み取り、意図を理解し、適切な回答や情報を生成することができます。
そのため、さまざまなビジネスシーンで活用されています。

ChatGPTの使い方は以下のブログをぜひ参照してください。
➡「ChatGPTの使い方のコツとは!?~あなたもChatGPTマスター~

ChatGPTのビジネス活用に向いている業務

ChatGPTは、以下のような業務での活用に向いています。

カスタマーサポート

ChatGPTを利用して、顧客の問い合わせやサポート対応を自動化することができます。ChatGPTが顧客との対話を行い、適切な情報や解決策を提供します。
これにより、効率的なカスタマーサポートを実現し、顧客満足度を向上させることができます。

マーケティング

ChatGPTを利用して、顧客との対話や意見の収集を行うことができます。
ChatGPTに顧客の特徴や市場状況を細かく伝えることで、顧客のニーズや好みを理解し、個別の提案やターゲティングを行えます。既存の提案内容やDMの内容をベースに使えば、時間の短縮も可能でしょう。
従来よりも容易にマーケティング戦略の改善や効果的なキャンペーンの展開が可能となります。

教育・研修

ChatGPTを活用して、教育や研修の分野での学習支援や質問応答システムを構築することができます。
学生や受講者との対話を通じて、問題解決や知識の定着をサポートし、効果的な学習環境を提供することができます。

ChatGPTのビジネス活用に向いていない業務

一方で、以下のような業務においては、ChatGPTの活用は向いていない場合があります。

法律・コンプライアンス

法律やコンプライアンスに関する専門的な知識や判断が求められる場合は、ChatGPTの活用は限定的となるでしょう。
人間の専門家の助言や判断が必要な業務においては、ChatGPTは補助的な役割に留まることが多いです。

緊急対応・危機管理

緊急事態や危機管理が必要な業務では、リアルタイムな判断や迅速な対応が求められます。
ChatGPTは学習データに基づいた情報提供を行うため、現場の状況や緊急性に対応することが難しい場合があります。

新規CTA

ChatGPTのビジネス活用事例10選

ChatGPTを活用できる主な業務を紹介します。

文章の要約

ChatGPTを活用して、長文の要約を効率的に行うことができます。
例えば、プロンプトで大量のレポートや会議での長い議事録を入力して要約を指示すれば、短時間で要約し、重要なポイントを抽出してまとめてくれます。

文章の添削・校正

文章の添削や校正作業にChatGPTを活用し、文法や表現の修正を行います。これにより、より読みやすく、専門的な文章を提供することができます。
例えば、ブログ記事やプレゼンテーションの文言、ビジネスメールの文章などを改善する際に活用できます。プロンプトで添削してほしい文章を入力して添削や誤字・脱字チェックを指示すれば、正しい文章や修正点を返してくれます。

言語翻訳

ChatGPTを利用して、言語間の翻訳作業を自動化し、効率的なコミュニケーションを実現します。
具体的には、外国語のメールや文書を自動的に翻訳し、国際的なビジネス展開を支援します。リサーチで海外の文献を参考にする際にも活用できます。

メールの文章作成

ChatGPTを活用して、効果的なメールの文章を迅速に作成し、コミュニケーションを円滑にします。
例えば、顧客への返信や営業メールの起案に役立ちます。ビジネスで利用することの多いメールでのやり取りの時間を短縮できれば、大幅な業務の効率化が期待できます。

SEO記事・プレリリースのライティング

ChatGPTは記事のライティング、タイトルや見出しの作成も可能です。SEO記事やプレリリース記事のライティングを行い、ウェブサイトの検索エンジンランキングを向上させます。
具体的には、キーワードを適切に配置したコンテンツを生成し、オーガニック検索の結果を強化します。

資料の作成

ChatGPTを活用して、資料の構成案やたたき台を作成し、業務効率を向上させることができます。
営業資料やプレゼンテーション資料、新入社員向けの業務マニュアルなどを作成する際、一から作成するのは手間がかかりますが、ChatGPTを活用することで効率化できます。それだけでなく、新しい視点でのアイデアによりクオリティを高めることも可能です。
また、ChatGPTに図や表の作成を指示することも可能です。生成された内容はコピー&ペーストで資料に挿入できるため、効率的な資料作りに役立ちます。

企画・競合リサーチ業務

ChatGPTを利用して、リサーチ業務を支援し、市場分析や競合調査などのデータ処理を効率化します。
具体的には、大量のデータからトレンドやパターンを抽出し、意思決定を補助します。新しい市場に進出する場合の市場調査では、市場の概要やその市場で商品・サービスを売るためのポイントなどを質問すると良いでしょう。

アイデア出し・壁打ち

ChatGPTは、アイデア出し、アイデアの検証や改善にも活用できます。
例えば、新しい商品・サービス、企画の立案に活用できます。商品・サービスや企画のアイデア出しは、経験値がないと難しいものですが、ChatGPTを活用すれば、アイデア出しの時間の短縮や、壁打ちをすることでアイデアのブラッシュアップが可能です。

自社商品やサービスの紹介文作成

ChatGPTを活用して、自社商品やサービスの魅力を伝える紹介文を作成し、マーケティング効果を高めます。
例えば、製品の特長や利点を簡潔に説明し、顧客の関心を引き付けます。プロンプトで商品に関する概要を入力して商品説明文の作成を指示すれば、短時間で説明文を返してくれます。ChatGPTが作成した文章をそのまま使えるとは限りませんが、それを基に文章を作成すれば、効率良く商品・サービスの紹介文を作成できます。

プログラミングコードの作成・バグチェック

ChatGPTを活用して、プログラミングコードの作成やバグチェックを支援し、開発プロセスを効率化します。
具体的には、特定の機能やアルゴリズムのコードを自動生成し、プログラマやエンジニアの負担を軽減します。プロンプトで使用言語を指定した上で指示をするだけでコードを生成してくれます。また、エラーコードを入力して修正の指示をすれば、修正箇所の指摘もしてくれます。これにより、プログラムのバグを見つけ、修正するのに役立ちます。

企業のChatGPTの活用事例10選

企業で実際にChatGPTを活用している事例を紹介します。

株式会社MILIZE

株式会社MILIZEはChatGPTを活用した金融アドバイスサービスを提供しています。このサービスは、チャットによる問い合わせ対応と似た仕組みです。事前に想定される質問を組み込むことで、自動的に返答されます。
また、LINEを利用するツールのため、トーク画面から質問を投稿することで回答を得られ、誰でも簡単に疑問を解消できるでしょう。
さらに、条件を指定しての質問も可能なため、ユーザー自身の状況に合わせた回答を得ることも可能です。
AIが自動で回答するため、24時間いつでも利用が可能であり、利便性が高いといえます。
この金融アドバイスサービスを活用することで、利用者は手軽に必要な情報を入手できるだけでなく、より適切なアドバイスを受け取れるでしょう。

株式会社ベネッセホールディングス

株式会社ベネッセホールディングスでは、2023年4月に社内AIチャット「Benesse GPT」をグループの従業員およそ15,000人に提供しました。
Benesse GPTはMicrosoft Azure上のOpenAIを活用しており、セキュリティ面に配慮して開発されたようです。
今後はBenesse GPTを活用することで、AIチャットサービスの業務効率化や、商品開発に向けた技術活用の検証などに役立つといえます。

株式会社Widsley

株式会社Widsleyでは、ChatGPTを活用した電話応対業務の効率化ツールを提供しています。このツールでは、通話内容の文字起こしと要約ができます。
また、ChatGPTは、音声ファイルから文字への変換も可能です。膨大な学習データから会話としての自然なつながりを判断できるため、漢字への変換なども一定の精度で実行できます。
今後は、商談品質の向上を目的としたアップデートも予定されています。

GMOペパボ株式会社

GMOペパボ株式会社では、連絡文書の作成業務を効率化するツールを提供しています。
チームや組織を運営するなかで、関係者全員に向けてお知らせを作成することもあるでしょう。このツールを利用すれば、簡単な箇条書きや条件設定から自動でお知らせの文面を作成できます。ChatGPTは、お知らせに使われる文章のスタイルも学習しています。
そのため、情報だけを箇条書きすれば、フォーマットに沿ったお知らせを作成してくれます。

MENTA株式会社

MENTA株式会社は、メンターと相談者のマッチングサービスを展開しています。
そんななか、エンジニア向けのスキルアップLINEアプリをリリースしたことも注目されています。このアプリは、LINEのチャットから質問することで、日常の隙間時間をスキルアップに活用できます。質問だけでなく、クイズやTipsなど楽しく学べる要素もあるため、挫折しにくい工夫が施されています。

大和証券

大和証券は、2023年4月に情報収集や資料作成などの作業効率化を目指してChatGPTを導入しました。
また、懸念される情報セキュリティについては、MicrosoftのAzure AIを利用することで、社外に情報が流出しないシステムを構築しています。
接客・企画立案などのコア業務を行う時間が増え、より綿密な企画に期待がかかります。

パナソニックコネクト株式会社

産業機器やソフトウェアの開発を行っているパナソニックコネクト株式会社では、ChatGPTを活用した資料や提案書の作成、データ分析を行っています。
特に感情分析の実施においては、人が9時間かけて分析するものをわずか6分で完了しました。
また、同社によると製品情報に基づいたプレスリリースや各種資料、会議のタイムテーブルなどの作成にもChatGPTを活用しているとのことです。

株式会社100(ハンドレット)

2023年4月、株式会社100(ハンドレット)では、ChatGPTを活用した同社のTwitterアカウントの運用実験を始めました。
海外の有益な情報を自動発信するだけでなく、使われている用語から自社のビジネスに関連するニュースをピックアップすることも可能です。SNSの運用にChatGPTを活用する貴重な事例といえます。

Orange Moon株式会社

Orange Moon株式会社は、マニュアル自動生成サービス「ManualForce」に、ChatGPTのAPIと連携して「AIサジェスト機能」を追加しました。
ManualForceは、ブラウザ上でマニュアル化したい操作を行うだけで、そのプロセスを自動で記録・シェアできます。そこにAIサジェスト機能が備わったことで、マニュアルのタイトルや説明文も自動生成できるようになりました。
パソコン操作に慣れない人でも容易にマニュアルを作成でき、大規模な組織でもすぐにシェアできるため、業務効率化に貢献するでしょう。

株式会社Parame

株式会社Parame(パラミー)では、同社が展開する中途採用のリファレンス(応募者の前職での勤務態度や評価)チェックサービス「Parame Recruit」にChatGPTを組み合わせました。ChatGPTを使ってテーマに合った質問項目を自動生成できるAIを追加したことで、採用担当者の「リファレンスチェックの質問内容に困る」といった課題を解決に導きます。
また、リファレンスチェックの結果から「リスクに関する記載」など、選考判断に重要な記述の自動抽出も可能です。
その結果、必要な情報をまとめる作業を省略でき、選考の対応に集中できるようになります。

番外編:ChatGPTに「ChatGPTのビジネスでの効果的な活用方法」を聞いてみた

以下は、実際にChatGPTを活用してビジネスに効果的な活用方法を聞いてみました。

プロンプト「ChatGPTのビジネスでの効果的な活用方法をいくつか教えて」

1.カスタマーサポートの自動化

ChatGPTを活用して、顧客の問い合わせに自動的に回答するカスタマーサポートシステムを構築します。
ChatGPTは24時間いつでも対応できるため、スタッフの負担を軽減し、迅速な対応と顧客満足度の向上に寄与します。

2.マーケティングとセールスの支援

ChatGPTをウェブサイトやSNSチャットボットに組み込み、顧客との対話を通じて商品やサービスに関する情報提供や質問に応えます。
顧客のニーズを把握し、個別のアプローチを実現することで、顧客エンゲージメントと売上の向上を促進します。

3.教育・トレーニングの支援

ChatGPTを教育プラットフォームに活用して、生徒や学生との対話型学習を実現します。
質問への応答や教材提供により、個別指導と学習効果の向上を促進します。

4.人事採用の改善

ChatGPTを人事採用プロセスに組み込んで、候補者との面接対話や選考プロセスを強化します。
ChatGPTが適性評価やスキル評価に活用され、優秀な人材の採用と採用効率の向上をサポートします。

5.医療・健康情報提供

ChatGPTを医療機関や保険会社のウェブサイトに導入し、患者や保険加入者に対して医薬品情報の提供や健康アドバイスを行います。
患者の質問に正確に応えるだけでなく、副作用報告の受け付けや適切な対応も可能にします。

6.自動化された業務プロセス

ChatGPTを業務の決裁や承認プロセスに活用して、ルーティン業務の自動化を実現します。
ChatGPTが事前に学習した情報に基づいて、判断や決定を自動で行い、効率的な業務運用を促進します。

ChatGPTをビジネスに活用をするときの注意点

ChatGPTを活用する際には、以下のことに注意する必要があります。

情報セキュリティに十分な注意が必要

ChatGPTを活用する際は、個人情報や機密情報などの情報漏洩に十分注意しましょう。ChatGPTだからといって、セキュリティ管理を疎かにしてはなりません。
2023年6月には、ChatGPTアカウントが10万件以上盗まれるといった被害も報告されています。
「ChatGPTだから大丈夫」といった慢心は捨て、徹底した情報セキュリティの構築が重要です。

ChatGPTの情報漏洩事例、対策については以下の記事を参考にしてください。
➡「ChatGPTは危ない⁉ChatGPTからの情報漏洩事例を紹介

新規CTA

モデルのファインチューニング

ChatGPTは一般的なタスクには適していますが、特定の業務やドメインに最適化するためには、モデルのファインチューニングが必要な場合があります。
適切なファインチューニングを行い、パフォーマンスを最大限に引き出しましょう。

まとめ

本記事では、ChatGPTの活用事例やビジネスでの効果的な活用方法について紹介しました。
ChatGPTはカスタマーサポート、マーケティング、教育・研修などさまざまな業務で活躍していますが、法律・コンプライアンスや緊急対応・危機管理などには限定的です。
活用する際には、データの品質やセキュリティ、モデルのファインチューニングに注意しながら、最大の効果を発揮させることが重要です。

SMSデータテックではChatGPT活用セミナーを開催しています。初級編セミナーでは、ChatGPTがどういったものなのかいまひとつわからない、使ってみたいがどのように使ったらいいのか、どのように使うと効率的なのかわからない、そんな人のためにChatGPTの使い方のコツを一挙大公開しました。ぜひこちらからアーカイブ動画をご覧ください。

おすすめイベント・セミナー 一覧へ