【生成AIのビジネス活用法】他社の成功事例とあわせて紹介!

ITコンサルティング
#業務効率化
#ITコンサルティング

生成AIという言葉をご存知でしょうか。
多くの企業が導入し、その効果を享受している中で、「漠然と理解はしているが、具体的に活用する方法がわからない」とお悩みの企業担当者様もおられるのではないでしょうか。

この記事では、生成AIは何ができて、どのようなメリットがあるのかを解説します。生成AIの活用を検討する際の参考にしてください。

生成AI(ジェネレーティブAI)とは

生成AIはジェネレーティブAIとも呼ばれるもので、データから学びを得てオリジナルの画像や文章といったコンテンツを作成する機能を持っています。具体的な例としては、指定した条件に沿って文章を生成するChatGPTが挙げられます。

これまでのAIはすでにあるものの改善や効率化において役立つ機能を持っていましたが、生成AIは新しいものを生み出す機能を持っている点が大きな特徴といえるでしょう。

ビジネスに生成AIを活用するメリット

生成AIをビジネスに活用することで得られるメリットを紹介します。

精度の高い意思決定が可能

意思決定の精度を高めるためには、過去の情報を集め、分析したうえで効果的で且つ成功確率の高いアクションを定める必要があります。
生成AIを活用することで、膨大なデータ収集から傾向の分析までを容易に行うことができ、次の一手を決める際の意思決定に高い精度をもたらします。

新たな視点の発見

生成AIは入力したひとつのキーワードに対し、複数のコンテンツを生み出すことが可能です。アイデアが煮詰まっているときなどに活用すると、これまで思いつかなかった新しい視点を発見できる可能性があります。

顧客のエンゲージメント向上

例えば、自社でECサイトを運営している場合、顧客ごとの志向・行動履歴などから「まだ閲覧されていないが興味がありそうな商品」をレコメンドすることができます。顧客は「良いものを高い精度でおすすめしてくれるサイト」だと感じ、満足感を覚えることでエンゲージメントが高まる結果につながるでしょう。

パーソナライズされた情報の提供

生成AIの学習機能によってユーザーごとの志向や行動パターンを分析し、次に取るべきアクションや潜在的なニーズに沿った情報を提供することが可能です。
生成AIの活用を重ねることで求めている回答をすぐに得られやすくなるでしょう。

生成AIのビジネス活用法

生成AIをビジネスに活用する具体的な方法をみていきましょう。

自動応答可能なチャットボットの設計

生成AIを使用し、精度の高い返答を行うチャットボットを設計することが可能です。社内外の関係者に対し、タイムリーに適切な情報を提供できる仕組みで、エンゲージメントを高める効果が期待できます。

セールスレターの生成

キーワードを入力することで、営業に活用できる文書を生成することができます。顧客のニーズや具体的なサービスの内容については人の手を加える必要がありますが、大枠の雛形を生成してくれるので、作業時間を削減することが可能です。

画像データの生成

作りたい画像のイメージを文書化し入力することで、生成AIがテキストに沿った画像を生成します。つまり、製品のデザイン案、広告などの画像も短時間で入手でき、クリエイティブ業務も効率化することができるのです。

資料作成の自動化

資料の構成、コンテンツ、デザインなどを自動生成することができます。ビジネスにおいて資料の作成は常に発生する業務のひとつですが、生成AIを活用することで作業時間を大幅に削減し、ほかの業務に費やす時間の確保が可能です。

文献・資料の要約

不明点や根拠を探すために文献・資料を読む際にも、生成AIは活用できます。どれだけ長文であってもポイントを整理し、必要な情報をピックアップしてくれるため、リサーチに費やす時間を削減することが可能です

音声データの文書化

音声データを文字に変換することも可能です。インタビューの録音を文書化してインタビュー記事の作成をしたり、電話対応の通話内容を文字起こしして顧客対応の改善などに生かすことも可能です。

ビジネスプランの策定

膨大な過去データを参考に需要や景気動向を予測することができ、ビジネスプランを策定する際にも生成AIは役立ちます。例えば、在庫の最適化や販売機会の最大化にも様々なデータを根拠に取り組むことができるでしょう。

新しいサービス開発

生成AIの活用によって、新しいサービスにつながる着想を得たり、マーケットの需要を分析することが可能です。これまで自社で手掛けてきたビジネスをブラッシュアップしたり、真新しいサービスを開発するうえで、生成AIはデータを基にした根拠を示してくれます。

改善施策の提案

改善施策を検討する場合にも生成AIの活用は有効です。例えば、設定したKPIの達成ができなかったとき、生成AIを使って原因を分析し、何がボトルネックになっているのかを可視化することができます。

生成AIのビジネス活用の成功事例

生成AIをビジネスに活用し成功している企業の事例について見ていきましょう。

ベネッセホールディングス

ベネッセホールディングス社では、生成AIを活用し社内業務の効率化と自社サービスの品質向上を実現しています。

社内AIチャットを用いてキーワードを入力することで、知りたい情報がレコメンドされる仕組みを実現しました。また、ウェブサイト・広告制作に関わる、ライティングや画像生成を自動化し社員の業務負担軽減に成功しています。

対外向けには、ユーザー向けのサービス「自由研究おたすけAI」をローンチし、個別化された精度の高いコミュニケーションの実施が可能になりました。
※2023年9月12日にサービス終了しています。

コカ・コーラ

コカ・コーラ社では、生成AIを活用しボトルに貼り付けるロゴやボトルそのものを生成することに成功しました。

消費者の手に渡る「実在するモノ」にも生成AIを活用した事例であり、コカ・コーラ社の新技術を取り入れる先進性、製品開発における柔軟な発想があったからこそ実現した事例といえるでしょう。

ブルームバーグ

ブルームバーグ社は膨大な金融データを分析・評価し、市場予測やリスク管理に活用可能な「BloombergGPT」を開発しました。

今後、よりサービスが進化していく中で会計・監査といった業務を自動化できる可能性があります。金融業界のビジネスに大きな影響を与え、この仕組みを横展開することで金融に限らない様々なビジネスへの活用も期待されます。

ヤマト運輸

ヤマト運輸社は宅配における業務コストの低減に生成AIを活用しています。
具体的には、生成AIで集配の業務量予測、発送の際の荷物量予測を精度高く行うことで、宅配物の取扱量増加に対応する体制を構築しました。

人手不足が顕在化する物流業界において、効率性を高め、ビジネス機会の損失を抑える取り組みといえるでしょう。

ソフトバンク

ソフトバンク社では、全社員が利用可能な生成AIを整備し、社内業務の効率化とクライアントのニーズに沿った質の高い提案が可能な環境を実現しました。
社内の事例や申請関連のプロセスを適切に抽出し社員にフィードバックする機能や、これまでの取引履歴からクライアントに合った商材を営業担当にレコメンドする機能が備わっています。

2万人以上の巨大組織における生成AIの導入ということで、AI倫理ポリシーなども設定し、ビジネスに有効活用するための環境整備が徹底されている点も特徴的です。

生成AIのリスク

生成AIはビジネスに取り入れることで大きな効果が期待できると同時にリスクも存在します。

権利侵害

生成AIがデータとして取り込んだものに著作権がある場合、それを基に出力されたコンテンツが著作権を侵害してしまうケースがあります。
アメリカでは画像生成AIに対し訴訟が行われている事例もあるため、リスク管理の徹底は生成AI活用においては必須です。

生成AIと著作権に関しては下記の記事で詳しく紹介していますので、ご参照ください。
➡「生成AIの活用は違法?著作権問題は?知っておくべき注意点や活用方法も紹介

情報漏洩

個人情報など秘匿性の高い内容を生成AIに入力した結果、その情報を生成AIが学習する場合があります。他のユーザーが利用した際に、入力された秘匿性の高い情報が出力される事態が発生し、個人情報の漏洩につながるリスクがあるのです。最近、多くの企業で活用が進んでいるChatGPTでも同様のリスクが見受けられます。

SMSデータテックが開催したセミナー「必聴!ChatGPT利用に潜む情報漏洩リスクとは?」ではChatGPTからの情報漏洩の実例や対策方法について詳しく解説しています。こちらからアーカイブ動画をお申込みいただき、ぜひご覧ください。

まとめ

生成AIのビジネス活用方法について紹介しました。
生成AIはキーワードを入力するだけで様々なコンテンツを作成することができ、その使い勝手の良さと出力されるアウトプットの質の高さは大きな魅力です。一方で、取り扱いを誤ると法に触れるリスクも持ち合わせています。

SMSデータテックでは、生成AI活用に関するコンテンツを多数ご用意しております。生成AIの導入を検討されている企業の担当者様はぜひご活用ください。

生成AIを導入することのメリット、リスクを把握し、ビジネスの起爆剤として生成AIを有効活用しましょう。


おすすめイベント・セミナー 一覧へ

CATEGORY