EVENTS

SDTアプリンピック

 

SMSデータテックでは、年に一度、社員が作成したアプリケーションを発表し競い合う「SDTアプリンピック」という大会を開催している。技術の向上、意欲的に行動できる社員の育成を図るために開催されたアプリンピック。2013年に記念すべき第1回目が開催され、その後は年に1回、春に開催している。WebアプリケーションやAndroidアプリケーション、自作ロボットなど様々なアプリケーションを作成し、イベントは年々盛り上がりを見せている。


イベント開催するにあたり、有志のメンバーによる技術の勉強会や合宿を行うこともある。社内のエキスパートによって自主的に開かれる勉強会や研修も多く存在し、ナレッジの共有化も行っている。社員が講師を行うことの副次的な効果として、講師自身の成長が挙げられ、受講者側と講師側の双方の側面から成長の機会となっている。


参加者は、企画から製造、テストまでを自ら行う。業務では出来ないことも経験することが出来、スキルアップに繋がっている。役職・部署・年次問わずチームを組むことも多くあり、その中で開発に必要なスキルを磨き、切磋琢磨していっている。当日の発表では、役員も含めた社員全体の投票により決まった入賞者に賞金が与えられるため、皆、優勝目指し、発表練習にも余念がない。


2014年度には「SDTアプリンピック」で発表したAndroidアプリケーションを、東京都情報産業協会主催のNSAスマートフォンアプリアワード(現:IITスマートフォンアプリアワード)2014アプリ部門に応募し、準優勝という成績を収める結果となった。今後も、アプリピックの応募作品から目が離せない。


 
DSC04144