HOMEケーススタディ監視システムの運用品質を向上したい

システム運用系 品質向上 稼働削減 SDT×Kompira

監視システムの運用品質を向上したい

複雑化した監視システムを集約し、オペレータの負荷を軽減します。

お悩み内容

データセンターでは、お客様システムの監視やオペレーション作業を請け負っており、オペレータ数名がシフト体制で運用を行っている。
対応するシステムは、お客様毎にシステムの監視ツールやオペレーション環境も異なっており、オペレータが対応する業務が複雑化し、判断ミスやオペレーションミスが多く発生している。


\解決ソリューション/

SDT×Kompira

運用自動化ツール「SDT×Kompira」の導入で、監視システムを一つの環境に集約し、監視手順を統一。
さらに、単純作業や障害アラートの対応までを自動化することにより、オペレータの負荷を軽減し、作業品質の向上を実現する。

SDT×Kompiraが下記の作業フローを全て代行!

  • 様々な監視システムから大量のアラートを全て受信し、監視を集約
  • 集約したアラートを解析し、対処の要否を判断
  • アラートに応じた対応を自動実行


想定モジュール

SDT×Kompiraでは、豊富なモジュールの中から必要なものを組み合わせることにより、お客様の課題に最適化した独自の自動化フローを作成できます。詳しくはこちら


  • メール受信
  • SNMPトラップ受信
  • 電話受信
  • 対応要否判別
  • 対応種別判別
  • ログ取得
  • ステータスコマンドの実行
  • サーバ起動/停止
  • プロセス起動/停止
  • エスカレーション対応
  • データベース登録
  • 障害報告書作成
  • メール報告
  • 電話報告

自動化のお悩み、何でもご相談ください